2013年劇場アニメは引き続き高水準 作品数は2012年を上回る勢い

数土直志

■ 活況呈した2012年の劇場アニメ

2012年は、劇場アニメが活況だった。イベント上映も含めたアニメの劇場上映は拡大傾向で、ヒット作も多い。興行収入が40億円を超えた作品は、『ONE PIECE FILM Z』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』、『おおかみこどもの雨と雪』の3本がある。小規模から中規模の劇場公開でも予想を上回るヒット作も多く、劇場アニメビジネス快調をエンタテイメント業界に印象付けた。
作品の内容面でも、多様性に飛んだ秀作の多い年となった。毎年最新作が公開される定番シリーズ、人気のテレビ番組からの映画化に加えて、劇場作品として新たに企画された映画が多かった。『ももへの手紙』や『虹色ほたる』、『アシュラ』、『伏 鉄砲娘の捕物帳』、『ねらわれた学園』、『花の詩女 ゴティックメード』、『009 RE:CYBORG』などである。日本のアニメの豊かさが、劇場という場で花開いた。

2013年も劇場アニメは、引き続き活況を呈しそうだ。12月30日の段階でまとめた2013年公開予定の国内劇場アニメ作品は、30本を超える。昨年の同時期にまとめた際は30本、一昨年は22本なので、この数字だけを見ると2013年の国内劇場アニメは2012年と同じかそれを上回る可能性が高い。
現在、未発表の作品も多く、それは各配給会社のスケジュールの多くが8月ぐらいで途切れていることからも分かるだろう。春から夏にかけての公開ラッシュが秋以降も続けば、実際の公開作品数は30本を大きく超えて来る。

2013年 劇場アニメ公開作品リスト
http://www.animeanime.biz/all/1212314/
(こちらで詳細を確認ください。)

2013年の最大注目は高畑勲『かぐや姫の物語』、宮崎駿『風立ちぬに続く
課題も多い2013年、プレキッズ映画に注目に続く