来夏、第1回プロダクションEXPO東京開催 ビッグサイトにコンテンツ制作会社集結

国際見本市運営の大手リードエグジビションジャパンは、2013年7月3日から5日までの日程で第1回 プロダクション EXPO 東京を東京ビッグサイトにて開催する。来年の開催に向けて12月3日には開催発表・説明会を行う。
国内ではこれまでにも、コンテンツ関連の大型イベントが設けられている。プロダクション EXPO 東京も、これに加わることを目指す。リードエグジビションジャパンは、同じ時期にビッグサイトで東京国際ブックフェアや国際電子出版EXPO、ライセンシングジャパン、クリエイターEXPO、コンテンツ制作・配信ソリューション展も予定している。本からデジタル、ライセンス、クリエイター、映像まで、フルラインの国際見本市となる。

プロダクションEXPO東京は、アニメ、映像、ゲーム、音楽、本および雑誌、アプリといったコンテンツ制作会社を出展対象とした見本市としている。出版に加えて、新たにアニメ・映像・ゲーム・音楽を加えることになる。
一昨年スタートのライセンシングジャパン、昨年スタートのクリエイターEXPO、そして2013年にプロダクションEXPO東京とコンテンツ制作・配信ソリューション展が始まる。リードエグジビションジャパンはコンテンツ関連分野への事業拡大を積極的に進める。

プロダクションEXPO東京は、個人事業主や小規模プロダクションを対象としたクリエイターEXPOとの連携による活性化も期待されるが、見込んでいる来場者もコンテンツ配信事業者、テレビ局、ラジオ局、映画会社、アニメ会社、ゲーム会社、出版社、新聞社、レコード会社、アミューズメント会社、イベント会社といった同業やそれに近い各種コンテンツプロバイダーやメディアに属する者だけではない。
玩具、雑貨、文具、アパレル、生活用品、アミューズメント、食品、販促品、美容、医薬品など、一般企業やメーカーの広報、宣伝、販促、商品企画部門に至るキャラクタービジネスに関連した業務を持つ会社にも期待している。既存の枠組みを超えた新しいビジネスチャンスを獲得するための場の提供が行われる。

同社によれば、12月3日14時から東京ビッグサイトで予定されている出展説明会には大きな反響があり、出展申し込みを検討している企業も多いとのことだ。新たなビジネスの創出となるのかどうかに注目が集まっている。
[真狩祐志]

プロダクションEXPO東京
http://www.production-expo.jp/