バンダイナムコHD第2Q増収増益 ソーシャルゲーム、アニメ映像ソフトも好調

バンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)は、11月2日に平成25年3月期第2四半期決算を発表した。業績は引き続き好調を維持している。売上高、利益とも、当初見込み上回った。
連結売上高が2226億1000万円と前年同期比で14.6%増となったほか、営業利益は277億5300万円(同76.1%増)、経常利益は280億7500万円(同75.7%増)、四半期純利益は173億2000万円(同115.8%増)と利益面での伸びが目立つ。
これを受けてバンダイナムコHDは、通期連結業績予想で利益を上方修正した。営業利益は365億円から400億円、経常利益は365億円から400億円、当期純利益は215億円から230億円と変更した。一般にエンタテイメント関連企業はクリスマス商戦や期末に売上げが集中することが多く、年末商戦前の業績予想修正は慎重な傾向が強い。この時期の業績次第では、今後、予想からさらに上振れする可能性もありそうだ。

業績好調の大きな理由は、業務用ゲーム機、家庭用ゲームソフト、アニメ、音楽などで構成されるコンテンツ事業の好調である。家庭用ゲームソフトでヒットがあったほか、アニメ映像ソフト・音楽が好調、業務用ゲーム機も見通しを上回っている。
コンテンツ事業全体の売上高は、1168億8600万円(前年同期比34.6%増)、セグメント利益201億3600万円(同275%増)である。なかでもソーシャルゲームの好調が業績を支えた。「機動戦士ガンダム」シリーズや「ワンピースグランドコレクション」などがヒットタイトルである。

コンテンツ事業は、さらに業務用ゲーム機、家庭用ゲームソフト、そのほか・調整(ネットワーク・映像音楽ソフト)に細分化される。実際に、ソーシャルゲームの含まれる そのほか・調整の売上げは、前年同期のおよそ2倍の514億円である。前期、前々期は業務用ゲーム機、家庭用ゲームソフトを下回っていたが、今期はそれぞれの1.5倍以上の規模となる。
また映像音楽コンテンツにはバンダイビジュアル、サンライズ、ランティスなどが含まれるが、こちらも好調としている。とりわけ『機動戦士ガンダムUC』、旧作の映像パッケージの販売が好調だ。

トイホビー事業は売上高804億1100万円(同1.5%減)、セグメント利益は64億5100万円(28.2%減)とコンテンツ事業を下回った。「仮面ライダー」シリーズや「ガンダム」シリーズ、『スマイルプリキュア!』などが主力だ。また、大人向けのコレクション性の高い玩具が好調としている。新キャラクターへの先行コストが嵩んだことが利益に影響したようだ。
海外では欧米で「パワーレンジャー」シリーズが順調としているが、『BEN10』が失速している。アジアではキャラクター玩具、プラモデル、さらに日本と同様で大人向けの玩具が人気だという。
ナムコが中心となるアミューズメント施設事業は、売上高は298億7200万円(同4.6%減)、セグメント利益は10億5100万円(同44.4%減)である。既存店売上高が減少し苦戦している。

バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/