アニメコンテンツによる地域ブランディング

ジャパン・アニメコラボマーケット2009(JAM2009)
「アニメコンテンツによる地域ブランディング」
~『サマーウォーズの里・信州上田」の事例から~
シンポジウム開催のお知らせ

このたび、日本動画協会が主催する「ジャパン・アニメコラボ・マーケット(JAM2009)」 では、10月15日(木)~18日(日)の期間中に秋葉原UDXにて、アニメを活用した見本市展示、セミナー、上映会、ミニステージなど様々な催しを企画しています。
そのJAM2009の企画として、観光資源という観点からのアニメコンテンツの二次利用の活用例に着目し、今夏、ロングランヒット中のアニメーション映画『サマーウォーズ』の舞台である上田市の事例を紹介するとともに、地域振興としてのアニメコンテンツの可能性を探るシンポジウム
を開催することになりました。

■シンポジウム
主 催:日本動画協会・JAM2009実行委員会/経済産業省
協 力:財団法人日本映像国際振興協会(ユニジャパン)
日 時:10月16日(木) 15:00~16:30
場 所:UDXシアター(150席) (東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 4F)
申込み:入場無料 事前申込み制:http://www.jam-anime.jp/

———————————————————
■パネリスト
宮下義徳(上田市/商工観光部観光課)
山村高淑(北海道大学/観光学高等研究センター 准教授)
伊藤卓也(日本テレビ放送網株式会社/コンテンツ事業局映画事業部 プロデューサー)

■モデレーター
陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク 代表取締役社長)