日本テレビ放送網が日本テレビホールディングスに 10月1日から持株会社に移行

日本テレビ放送網は、9月18日に、放送法第159 条に基づく認定放送持株会社の認定を取得した。これにより同社は2012年10月1日に認定放送持株会社に移行する。同時に社名も日本テレビホールディングス株式会社に変更する。
一方、地上波放送事業はすでに設立されている日本テレビ分割準備株式会社に移管される。10月1日づけで同社が日本テレビ放送網に社名を変更する。日本テレビホールディングスは、地上波局(日本テレビ放送網(新))、衛星局(BS日本)、ケーブルテレビ局(シーエス日本)を傘下にする。

持株会社は、このほか映像ソフト事業のバップ、音楽事業の日本テレビ音楽も子会社とする。一方、アニメ製作のマッドハウス、ウェブ・携帯事業のフォアキャスト・コミュニケーションズは、日本テレビ放送網(新)の子会社となる。
さらに映画会社の日活、映画やアニメの製作出資会社である有限責任事業組合D.N.ドリームパートナーズなども、日本テレビ放送網(新)の関連会社となる。

大手の地上波放送局では、近年、既存の会社を持株会社として、それを核に地上波放送局、衛星局、ケーブルテレビ局を統合的に運営する動きが強まっている。グループ会社には、このほかインターネット・モバイル事業会社、音楽・映像会社、制作会社なども含まれるケースが多い。
すでにフジ・メディア・ホールディングス、東京放送ホールディングス、テレビ東京ホールディングスが誕生している。一方は、テレビ朝日は、依然、これまでどおり株式持ち合いを中心にした企業グループにとどまっている。

日本テレビ放送網
http://www.ntv.co.jp/

日本テレビホールディングス株式会社
http://www.ntvhd.co.jp/