TIFFCOM 出展小間売切れでスペース拡大 追加募集へ

10月23日から25日まで、東京・お台場のホテル グランパシフィック LE DAIBAで開催されるTIFFCOM2012の企業出展が順調に進んでいる。
TIFFCOM事務局によれば、5月14日から開始した出展登録には多くの申し込みがあり、早期売切れとなった。これに対応して事務局は、急遽出展スペースを拡大することを決定した。現在、この追加小間を対象にした2次募集を行っている。

TIFFCOMは東京国際映画祭(TIFF)の併設マーケットとして、毎年秋に開催されている。映画や放送番組、アニメーションを中心に幅広い国際コンテンツマーケットとして機能している。
今年で開催9回目を迎えるが毎年成長し、国内外のコンテンツ業界における存在感も増している。本年は会場をこれまでの六本木森ビルからお台場に会場を移す。これにより出展スペースを従来より20%拡大したが、これを売り切ったことになる。
出展小間数は過去最高になると見込まれ、過去最高であった昨年の出展団体数226を超えることもありそうだ。

また、2012年はTIFFCOMと同時期同会場で第9回東京国際ミュージックマーケット(TIMM)、東京国際アニメ祭 2012秋(TIAF)、Creative Market Tokyo 2012(CMT)が併催される。コンテンツ関連の国際見本市が集約されることで、TIFFCOMの機能の向上も期待される。
TIFFCOMでは、出展二次募集のほか、バイヤー登録、来場者登録の受付けも行っている。来場者登録料金が10000円となる早割登録は9月2日(日)までとなっている。

TIFFCOM2012
http://www.tiffcom.jp/2012/jp/index.html

バイヤー登録はこちらから 締切:10月5日(金)
http://www.tiffcom.jp/2012/jp/for-buyer.html
来場者登録はこちらから 早割締切:9月2日(日)
http://www.tiffcom.jp/2012/jp/for-visitor.html
出展者登録はこちらから
http://www.tiffcom.jp/2012/jp/for-exhibitor.html