IGポート 通期売上高55億円で増収減益 アニメ制作牽引

アニメ製作・出版事業のIGポートの平成24年5月期決算が、7月13日に発表された。連結売上高は54億9900万円と前年を4.1%上回ったが、営業利益は9700万円(前年同期比21.6%減)、経常利益は6900万円(同53.6%減)、当期純利益は3400万円(同89.4%減)と利益面では伸び悩んだ。
それでも、幾つかの作品の版権事業収益が期待を超え、利益は当初予想を上回った。一方、売上高は期末に予定していた長編映画のパッケージが翌期に繰り延べになり予想を下回った。

業績は映像制作事業が牽引している。積極的なアニメ制作が成果となった。プロダクションI.Gとジーベックによるアニメ制作が中心で、劇場アニメでは『BLOOD-C The Last Dark』、『図書館戦争 革命のつばさ』、『劇場版テニスの王子様 英国式庭球城決戦!』などの話題作を手がけた。テレビアニメでも『ギルティクラウン』、『BLOOD-C』、『輪廻のラグランジェ』、『宇宙戦艦ヤマト2199』、『うさぎドロップ』、『新テニスの王子様』など、こちらもヒット作が多くなっている。
さらにOVAで『テニスの王子様 ANOTHER STORY Ⅱ』や『よんでますよ、アザゼルさん。vol.3』、ゲーム用では『テイルズ オブ シリーズ』を制作する。これにCMなどもあり、幅広い分野をカバーしている。
売上高は35億7500万円(4.5%増)、営業利益は前年の670万円から1億1300万円に急伸した。制作コスト管理の効率化が行われたとみられる。

出版事業の売上高は13億400万円(4.4%増)、営業利益は3300万円で黒字化した。マンガ誌24点、マンガ単行本156点を刊行している。期中は、ウェブ・モバイル展開に力を入れたのが特徴だ。
版権事業は、SSS 3Dを中心とした攻殻機動隊S.A.C.シリーズ、戦国BASARAシリーズ、『もしドラ~
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら~』などが中心となった。売上高は4億9900万円(1.9%増)、営業利益は3800万円(83.7%減)だった。

また、平成25年5月期の見通しは、連結売上高を66億3200万円と20.6%増としている。今期はアニメ制作が大幅に増加すると見られる。
今期の主要作品としては、現在イベント上映を展開している『宇宙戦艦ヤマト2199』、本年10月よりテレビを放送開始する『ロボティクスノーツ』、『黒子のバスケ』などを挙げている。
さらに出版事業、版権事業に加えて、グループ独自の商品化の推進、モバイルコンテンツの自社開発、ソーシャルゲームでのキャラクターイラストの受注なども行う。インターネット環境への対応をするとしている。制作の量的拡大と事業の多角化を進めることになる。

IGポート
http://www.igport.co.jp/