コミック事業好調な幻冬舎のコミック戦略

5月28日に発表された幻冬舎の決算発表は好調なこの会社のコミック部門の存在をアピールしている。2006年3月期の決算では、幻冬舎の全体売上げの118億8000万円のうち11%にあたる13億1000万円が子会社の幻冬舎コミックスを中心としたコミック部門からもたらされものであった。
しかも、コミック事業の売上高は書籍事業の伸び3.9%増を上回る13.6%増であった。また、コミック事業部門の営業利益は2億4000万円の76.7%増であった。さらに、2006年3月期のコミック事業の売上高は23%増、経常利益は46%増を狙う。

こうした、好調な事業の内容と今後のコミック事業の戦略が6月7日に発表された幻冬舎の決算説明会資料で説明されている。前期の好調なコミック事業は『Rozen Maiden』のアニメ化の効果による販売増に助けられている。さらに、ボーイズラブ系のコミックも好調であった。幻冬舎は従来のコミックの枠に囚われない新ジャンルや海外市場への展開を目指して、積極的にコミック事業に力を入れていく方針である。
そうした展開は、オンライン上でのマンガ配信ビジネスであるWebコミック『GENZO』の立ち上げに見ることが出来る。幻冬舎は『GENZO』からの作品のコミック化を計画しているほか、5月28日からは英語バーションの『GENZO』の配信を始めている。さらに、イタリアをはじめとするヨーロッパ市場への展開も視野に入れており、オンラインにおけるコミック事業に注力する。
このほか、コミック事業では、絵本やアニメDVD、映画化、ゲーム化といったメディアミクスによる収益機会の拡大とキャラクタービジネスの展開を目指すという。