2011年国内キャラ市場前年並み 0.7%減で1兆6060億円 トップはアンパンマン

キャラクター関連市場の調査会社キャラクター・データバンクは、2011年国内のキャラクター商品の小売市場規模を発表した。キャラクター・データバンクは、2001年より毎年キャラクター商品の小売市場を発表しており、今回はその最新版となる。
同社によれば2011年の市場が1兆6060億円と推定される。これは昨対比99.3&、0.7%の減少である。

小売市場ランキングでは、未就学児に圧倒的な人気を誇る「それいけ!アンパンマン」が全体の7.54%を占め3年連続1位となり根強い人気を示した。さらに、2位には「ポケットモンスター」(6.70%)、3位に「ミッキーマウス」(6.56%)、4位に「ハローキティ」(5.70%)とロングセラーキャラクターが並ぶ。
また、11年に躍進したキャラクターとして、キャラクター・データバンクは、5位につけた「ONE PIECE」(4.53%)を挙げる。「ONE PIECE」は10年に続き大幅に市場を拡大しているという。さらに「仮面ライダーオ―ズ」(2.07%)、「仮面ライダーフォーゼ」(1.24%)とふたつのライダーシリーズ、10周年を迎える「リラックマ」(3.79%)を好調として言及している。

2011年の特徴としては、2010年に引き続きキッズ層をターゲットとしたテレビ連動型のキャラクターが好調だとしている。また、11年は震災の影響から大幅な市場縮小が予想されたが、実際には前年比99.3%と微減に留まった。
調査の詳しい結果は、キャラクター・データバンクが2012年5月30日に発売する:『CharaBiz DATA2012⑪』に掲載される予定だ。本書では、2011年キャラビズ市場動向、キャラクターメーチャンダイジング動向、ライセンサー動向、コンシュマー動向、販売チャネル動向、広告・販促動向などを掲載する。さらに特集として「グローバル化への鼓動 進むキャラビズの海外展開とその方向性」と題し中国本土/香港/台湾/韓国/インドネシア/シンガポール/マレーシア/ベトナム/タイのアジア9ヶ国地域のキャラクタートレンドを探る。

『CharaBiz DATA2012⑪』
判型: A4版・1C
頁数: 340ページ
発刊日: 2012年5月30日
本体価格: 39900円(本体価格:38000円+税:1900円)
CD-ROM同梱版: 52500円(本体価格:50000円+税:2500円)
WEBページ
https://www.charabiz.com/index.cfm?menu=news_view&id=4806