カプコン通期 大型タイトル少なく減収減益 今期は過去最高目指す

ゲーム大手のカプコンは、5月7日に平成24年3月期の決算発表を行った。前年にコンシュマーソフトで大型タイトルの発売が集中したこと、また当初予定していた主力タイトルの発売が次期にずれ込んだことから減収減益となった。
通期連結売上高は、820億6500万円(前年比16.0%減)、営業利益は123億1800万円(同13.8%減)、経常利益は118億1900万円(同8.1%減)、当期純利益は67億2300万円(同13.2%減)である。

コンシュマー向けソフトとオンラインゲームのふたつから構成されるコンシューマ・オンラインゲーム事業は、売上高は535億100万円(前年比23.9%減)、営業利益105億200万円(同16.0%減)である。コンシュマー向けソフトで有力ソフトの『ドラゴンズドグマ』の発売が延期になるなど、大型ソフトの発売が前年より少なかったことが影響した。
業績に貢献したのは160万本を突破したニンテンドー3DS向けの『モンスターハンター3G』、『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』である。一方で、『ストリートファイター × 鉄拳』は軟調だったとしている。オンラインゲームでは、『モンスターハンター フロンティア オンライン』」シリーズが安定した人気を獲得している。

モバイルコンテンツ事業は好調だった。売上高は63億800万円(前年比56.6%増)、営業利益は23億8500万円(同74.6%増)である。
『スヌーピー ストリート』が日本とアジアで健闘、グリー向けの『モンハン探検記 まぼろしの島』、Mobage向けの『みんなと モンハン カードマスター』が主力である。さらに世界最大のコミュニティサイトFacebookと連動する『スマーフ・ビレッジ』が、全世界で5600万ダウンロードを実現するなど収益に貢献している。

アミューズメント施設事業は、東日本大震災の影響は受けたものの市場は回復基調にあり、利益が大きく伸びている。売上高は117億2900万円(前年比0.9%増)、営業利益17億8700万円(同58.0%増)である。アミューズメント機器事業は『ストリートファイターⅣ』が堅調だった。売上高は76億6300万円(同3.0%減)、営業利益8億9000万円(同66.2%減)である。
その他事業はキャラクター関連のライセンス事業が中心である。売上高は28億6200万円(同26.5%減)、営業利益8億7700万円(同20.1%減)である。

平成24年3月期は減収減益となったが、カプコンは今期については強気の見通しを立てている。売上高1050億円、営業利益158億円、経常利益157億円、当期純利益98億円といずれも過去最高を見込む。
メガヒットシリーズの最新作『バイオハザード6』、それに発売延期となった『ドラゴンズドグマ』のグローバルでの売り上げ拡大を予想する。加えて成長余力の高いオンラインコンテンツへ経営資源の集中が業績を支えるとみられる。

カプコン http://www.capcom.co.jp/