リアル書店と電子書店が連携 BookLive!と三省堂が共同プロモーション

電子書籍の市場拡大が期待されるなか、新しい市場獲得に向けた関係企業の合従連合の模索も続いている。そうしたなかで4月16日から、ネットとリアルの書店が手を組んだプロモーションがスタートした。
総合電子書籍ストアを運営するBookLive!が老舗の大型書店である三省堂書店と協力する。店頭で三省堂の会員組織のクラブ三省堂とBookLive!の入会プロモーションを同時に行っている。

プロモーションを実施するのは三省堂の主力店舗である神保町本店と有楽町店の2店、4月16日から5月13日までの約1か月間を予定している。
BookLive!は期間中、店頭にデモ機を設置、運営する電子書籍ストアBookLive!の読書体験験イベントを実施する。その場でBookLive!の会員登録が出来る。
通常はPCなどを使い自身での申し込み作業が必要となるが、このキャンペーンではスタッフが対面で入会手続きの方法を案内する。店頭に設置したタブレットを使うことで入会の煩わしさという敷居をなくす。新しいユーザーの拡大につなげる。
また、読書家が多い書店の店頭という立地は、電子書籍ストアのプロモーションにとっては絶好の場といえる。BookLive!には、ユーザー獲得の大きな機会となる。

こうした協力の背景には、この4月にスタートした三省堂とBookLive!による紙の本と電子書籍の統合的な管理サービスの開始がある。
両社はクラブ三省堂(紙の本)とBookLive!(電子書籍)の会員に向け、双方の書籍を一元管理できるソーシャル本棚「読むコレ」のサービスをスタートした。さらにポイント連携により、BookLive!で書籍を購入するとクラブ三省堂のポイントを付与するといった試みも行っている。一人の顧客の紙と電子書籍という異なるニーズをまとめて取り込む構えだ。
両社は今後も事業提携を強化し、グループの枠組みを超えた連携による新たなビジネスモデルを創出するとしている。書籍販売の新たなビジネスの可能性を目指す。

三省堂書店
http://www.books-sanseido.co.jp
BookLive
http://www.books-sanseido.co.jp
電子書籍ストア「BookLive!」
http://booklive.jp