新会社バンダイナムコオンライン 10月1日スタート

 エンタテインメント企業の大手バンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)は、PC向けのオンラインゲームに特化した新会社「株式会社バンダイナムコオンライン」を10月1日付けで設立した。
 新会社はバンダイナムコゲームスのオンラインゲーム事業を新設分割し、PC向けのオンランゲームの企画・開発・運営を行う。資本金は5000万円、従業員は20名程度。社長には同じくバンダイナムコゲームスの子会社であるVIBEの浅沼誠氏が兼任する。VIBEはモバイルを中心に、インタラクティブメディア事業を展開している。

 バンダイナムコHDによれば、同社のなかでゲームコンテンツ事業は非連続成長事業と位置づけられている。これは事業拡大より収益性の向上を目指す収益力強化事業と対比されるもので、積極的な投資により事業の拡大を目指すものである。
 ゲーム産業の中で成長ジャンルでありながら、PCオンラインゲームの分野では大手のゲームパブリッシャーの存在感が薄い。そこで今回はPCオンライン事業を分離させることで、同分野に積極的に取り組む姿勢を明確にする。

 新会社にはゲームコンテンツ事業のオンラインゲーム関連を集約する。さらに開発力と運営力を強化し、アジアなど海外展開も着手するとしている。さらに中長期的には、オンラインゲームをゲームコンテンツ事業の新たな柱のひとつにするとする。
 現在バンダイナムコゲームスは、主要タイトルとして「ガンダムネットワークオペレーション」シリーズや「プロ野球ファミスタオンライン」、「突撃!合戦スタジアム」などのオンラインゲームを展開している。このうち運営を手掛けるのは「ガンダムネットワークオペレーション」シリーズのみで、事業力は弱い。
 豊富なキャラクターと家庭用ゲーム機ソフトでの経験を活かし、どれだけオンラインに応用出来るのか。バンダイナムコオンラインの今後の展開は、バンダイナムコゲームスやバンダイナムコグループ全体にも大きな影響を与えそうだ。

バンダイナムコオンライン http://www.bandainamco-ol.co.jp/


TDCS開講!