「鷹の爪 NEO」世界120カ国展開 DLE タイでMBSと連携

 3月22日、DLEは東京国際アニメフェア2012のシンポジウムB会場にて「DLE緊急発表」を実施した。シンポジウムは、先日発表されたテレビ新シリーズ『秘密結社 鷹の爪 NEO』を4月からNHKのEテレでスタートする話から始まった。
 『秘密結社 鷹の爪』は、これまではテレビ朝日での放送で、深夜では異例の高視聴率をマークしていた。しかし、もっと幅広い層にアプローチしたいとの思いからNHKのEテレに放送枠を変えた。これまで強かったM1層(男女比6:4)から、さらに小学生高学年から中高生もターゲットに据えていく。

 NHKに放送局を移したことでほかにも利点が生まれている。いままで必要だったスポンサーとしての経費がNHKではかからない。これをそのままプロモーション費に充てたことで、大々的な宣伝活動が出来るメリットがあるとした。今後は有名キャラクターとのコラボレーションが決定している。

 別の大きなトピックは、静岡で展開してきた『パンパカパンツ』の全国展開である。4月4日からテレビ東京系列で開始となる「のりスタMax」での放送となる。
 DLEはほかにも地域コンテツを開発しているが、『パンパカパンツ』は飛び抜けた成果を示している。静岡県内の認知度は72.5%ある。また、静岡限定であるにも関わらず、DVDの販売数は第1弾が全国4位、第2弾が全国2位という実績を持っている。
 地域コンテンツでは、地域から全国展開への判断材料になるには、その地域での認知度が70%に達することがメドになるという。主に瀬戸内地域で展開している『プッとべ!プーデル』、『ブラッコ』、『たまこちゃんとコックボー』が現在それに迫っているほか、九州で展開している『ピチ高野球部』も一部の県で70%を超えた。

 さらに『秘密結社 鷹の爪 NEO』をNHKだけでなく世界120カ国でも放送することや台湾の年代電子とジョイントベンチャー設立、マレーシア政府と共同でプロデューサー育成事業進出、さらにMBSと共同でタイでコンテンツ展開するといった海外展開にも触れられた。
 タイにおけるMBSとの共同展開については、3月22日の日本経済新聞でも報道されている。発表にはMBS営業局局長の西村克己さんも参加、MBS初の海外展開について語った。そして、「30代以下の若者が多いタイに非常に大きな可能性を感じている」と話した。
【真狩祐志】

DLE http://www.dle.jp/
東京国際アニメフェア2012 http://www.tokyoanime.jp/