インドのアニメ-ション・VFX産業 2011年は31%成長

KPMGインドとインドの商工団体であるFICCIは、3月10日にインドのメディア関連産業の年間レポート「FICCI-KPMG Indian Media and Entertainment Industry Report 2012」を発表した。レポートによれば、2011年のインドのメディア・エンタテインメント産業の市場規模は7280億ルピー(約1兆2000億円)である。これは2010年比で12%成長となる。
なかでもアニメーション・VFX産業は力強い成長を見せた。市場規模は310億ルピー(約515億円)と依然米国や日本、中国に比べて小さいが、2010年比では31.2%増と急成長を遂げた。
このほか主要なメディア産業の市場規模は以下のとおりである。映画:930億ルピー(約1550億円)前年比11.5%増、音楽:90億ルピー(約150億円)9%増、テレビ放送:3290億ルピー(約5750億円)10.8%増、出版:2090億ルピー(約3790億円)8.3%増、ゲーム:130億ルピー(約221億円)30%増。

KPMGインドは国際的な企業コンサルティング会社のインド現地法人、FICCIはインドを代表する商工関連の組織である。FICCIは毎年春に、「FICCI FRAMES」というメディア・エンタテインメントの大型国際コンファレンスを開催している。産業レポートはこれに合わせて、毎年この時期に発表されている。新興国ではメディア関連産業の統計数字が少ないことが多いが、インドではこのレポートによって全体像が把握できる。
2011年の特徴についてレポートは、地域のメディア産業とニューメディアの成長が、全体の伸びを支えたとしている。ニューメディアには、アニメ、VFXやオンラインゲーム、コンソールゲームも含まれる。こうした傾向は今後も続くとしている。また、世界経済の停滞を反映し、従来見通しから引き下げはするものの、2016年までのインドのメディア・エンタテインメント産業は年平均15%成長を維持する見込みだ。

FICCI-KPMGの調査では、アニメーション・VFX分野はアニメーションサービス(海外からの制作受注)、アニメーション制作、VFX、ポストプロダクションをカバーする。アニメーションとVFX、ポストプロダクションがシームレスにつながるのは、CG産業が特に発達している同国らしい。
この4分野のそれぞれの市場規模は、アニメーションサービス:71億ルピー 約118億円(14%増)、アニメーション制作:42億ルピー 約70億円(5%増)、VFX: 62億ルピー 約103億円(39%増)、ポストプロダクション:135億ルピー 約224億円(26%増)である。VFX、ポストプロダクションの成長が極めて高く、インドがこの分野で世界的に存在感を増していることを裏付ける。

成長が続くインドのメディア産業だが、ビデオグラム(ビデオ、DVD、Blu-ray Disc)については厳しい戦いを強いられている。国内全体の市場は2009年より縮小が続いており、2011年は20億ルピー(33億円)前年比で12%減だ。映画については、劇場興業によりマーケットが成り立っている状況である。
また、現在は小さなゲーム市場は、2016年には3.5倍の460億ルピー(約764億円)に達するとしている。2011年の市場130億ルピーのうちおよそ半分の70億ルピーがコンソールゲーム、40億ルピーがモバイル向け、20億ルピーがPCゲームだが、特にモバイル向けの成長を大きく見積もる。

FICCI FRAMES 2012
http://ficci-frames.com/