北米のマンガ事情第11回 現地化に伴う変更・編集について考える 

■ ファンの声に耳を傾けることの意味

『ピポチュー』英語版

『鋼の錬金術師』の8巻に、ある人物が岩に磔になっているシーンがある。その岩はオリジナルの日本語版では十字架のような形をしているが、アメリカで出された英語版では楕円形に変更された。十字架のような形だとキリストの磔を想起させるからである。ちなみに、出版元はこの変更が作者の了解のもとに行われたことを公にしている 。

この変更に対して、北米最大のアニメ・マンガのニュースサイト「Anime News Network」では、アンケート調査を行った 。結果は、「もとのシーンに問題ないので、変更はバカバカしい」「どんな変更も受け入れ難い」「もとのシーンに問題があるが、変更はよくない」という、変更を支持しない3つの選択肢を選んだ人が合計で61.2%、「変更を理解できる」「変更を気にしない」「特に意見はない」「どちらでもいい」として変更に反対しない人が合計で38.0%、「変えてよかった」が0.8%だった。

変更を指示しない人が61%を超えるのが目につくが、このアンケートが行われたのがファンの集まるサイト上だったことを考えると、変更に対して否定的な意見を持たないファンが38%もいたのは驚きではないだろうか。これは現地化における変更全般に対する意見ではなく、あくまで上に挙げた作品の、特定の一場面に限定されたものとは言え、この結果からネット上などでは「変更・編集に反対」で一枚岩に見えるファンの意見が、実際には様々で濃淡があることが容易に想像できる。同じ質問を英語圏に住むマンガファンで無い人に聞いたら、間違いなく数字は逆転するだろう。

先に挙げた『ROBOTECH』は、日本のアニメを愛する米ファンから、オリジナルをズタズタにした作品として反発を受けた例だが、実際には『ROBOTECH』自体の根強いファンは存在し、2002年には新作OVAが作られるなど、近年「日本アニメ人気に火をつけた作品」として再評価が高まっている。オリジナルに忠実であろうとなかろうと、作品を楽しむファンはいるのだ。

当然のことながら、等しくファンと言っても色々なタイプのファンがいて、それぞれ現地化に対する考えは千差万別だ。例えばマンガで言うと、月に何冊もマンガを買い、コンベンションにコスプレをして参加し、インターネットで情報を収集して掲示板に書き込みをするファンがいれば、マンガは好きでも熱心にファンとして活動をするほどではない人もいる。更にはmanagをほとんど買ったことの無い人もいる。特にアメリカでは日本のマンガを手にとったことも無い人が圧倒多数派であり、その人たちの中には潜在的な読者が多くいる。

アメリカにおけるマンガ市場は日本とは比較にならないほど小さく、マンガというメディアは日本のようにメインストリームの娯楽とは言い難い。そんな市場で、オリジナル至上主義とも言えるファンの意見に耳を傾け過ぎるのは、読者をかなり限定するリスクを伴う。

『魔法先生ネギま!』のアメリカでの出版元は、出版前には女性の胸の谷間などを編集で変更する予定にしていたが、ファンの反対を受けてオリジナルに手を加えずに出版した。ファンの意見を尊重する出版社としてその版元の評判はファンの間で上がり、『ネギま!』英語版の売上もよく、結果として『ネギま!』英語版はオリジナルに忠実な形で出したことが成功に繋がった作品のように思える。しかし、いくつかのシーンを削除しなかったため『ネギま!』には「16歳以上推奨」のレイティングが付き、ビニールに包んだ形で本屋に並ぶことになった。あくまで仮定の話だが、もしそのレイティングが付かずビニールで包まれていなかったら、より多くの少年や少女が本屋で『ネギま!』を気軽に手に取って買い求めたかもしれない。しかしレイティングのせいで『ネギま!』は低年齢層の読者の手に届きづらくなってしまった。つまりファンの声を聞くことで、潜在的な読者を切り捨ててしまった可能性もある。

先に例を挙げたTOKYOPOPの「右開き」の単行本は、ブーム時にはむしろ成功の理由とさえ言われた。しかしマンガブームが去った現在では、「右開き」に馴染んでいないアメリカ人にとって読む際のハードルとなり、ブーム時における一般層への普及の足かせになったという意見すら見られる。ファンには喜ばれたオリジナルに忠実な単行本の出版は、ファンを超えて読者を広げる際の障害となった可能性も示唆されているのだ。

(注釈)
2 “Viz Responds to ‘FMA’ Edit : Reduced Religious Reference” September 19th, 2006 
http://www.icv2.com/articles/news/9339.html
3  Poll – Fullmetal Alchemist Edits “What do you think of the edit made to Fullmetal Alchemist volume 8” September 12, 2006
http://www.animenewsnetwork.com/poll.php?id=102

次ページ:<文化的違いによる受容の違い>に続く