ニコニコ静画 ユーザーのマンガ投稿システムを運用開始

 ニコニコ動画が、アニメやPV、ネタ系まで数々のユニークな動画投稿により成長したことはよく知られている。ニコニコ動画を運営するニワンゴは、これと同様の取り組みをマンガでもスタートする。
3月13日にニワンゴは、ユーザーコミュニケーション型の電子書籍サイトニコニコ静画内の「ニコニコ漫画」にて、ユーザー投稿によるマンガ掲載を開始した。マンガ分野でもユーザー参加型のコンテンツを取り込むことで、他の電子書籍サイトとの差別化を図る。

ニコニコ静画はその名前のとおり、ニコニコ動画と同様の機能を持ったサイトで非動画系のコンテンツを取り扱う。現在は、電子書籍、イラスト、マンガの3部門から構成されている。
ニコニコ漫画の特徴は、読者のコメントが画面をすり抜けていくことだ。動画サイトと同様に他のユーザーと読書体験を共有する楽しみが打ち出されている。
また、サイトは公式コンテンツとユーザー投稿のコーナーに分かれるものの、同じニコニコ漫画内に公式コンテンツとユーザー投稿作品が並立している。ニコニコ動画のポリシーを受け継いだこうした試みがマンガ分野でも大きな流れを生み出すのか、また乱立する電子書籍サイトでの差別化に成功するのか、新た同人作品発表の場としてメジャーな場所になるのかなどかなり関心を集めそうだ。

実際に投稿するには、まずプレミアム会員になる必要がある。そのうえで新規登録によりアップロードする。BGMの選択なども可能となっている。
投稿データの形式はJPEG、PNGまたはGIFの3つから可能、原稿容量の上限は1 ファイルあたり10MB、100エピソードまでアップ出来る。エピソード内原稿ページ数はニコニコ漫画で上限200枚とかなりの量にも対応している。ストーリーマンガも可能な容量で、今後に期待を持たせる。

ニコニコ漫画
http://seiga.nicovideo.jp/manga/