山本寛監督 震災チャリティアニメ「blossom」TAFで発表

(c)Project blossom/Ordet
(c)Project blossom/Ordet

『かんなぎ』や『フラクタル』の監督として知られる山本寛さんが、東日本大震災の被災地復興と希望をテーマにしたアニメーション『blossom』の監督をする。作品は東日本大震災のチャリティプロジェクト「Project blossom」にもとずくものだ。
『blossom』は、山本監督が代表取締役を務める株式会社Ordetが制作、国内外のプロデューサー、アーティストがこれにコラボレーションすることで実現する。『blossom』は、3月24日に東京国際アニメフェア2012にて披露される。また、この場でプロジェクトの詳細も発表される。

本作の監督を務める山本寛監督は、東日本震災後、宮城県仙台市でのチャリティイベントをはじめこれまでに十数回に渡り被災地に赴いている。被災地復興の支援のためのボランティア活動を行ってきた。そうしたなかで震災から一年が過ぎている。
これを期に山本寛監督は、震災の記憶を風化させないためとして、被災地を舞台とした今回のオリジナル・ショートアニメーションを制作した。国内外のプロデューサー、アーティストとのコラボレーションと国境を越えた取り組みで、被災地復興と希望を訴える。

チャリティプロジェクトの発表とアニメーションの公開は、3月24日16時半から17時まで、アニメフェア会場内のメインステージで行われる。当日は、作品上映のほか、山本監督、国内外のプロデューサー、アーティストも登壇する。
ステージの入場は無料だが、事前に抽選による整理券が必要となる、また、別途アニメフェアへの入場料、整理券の発行手数料がかかる。

『blossom』
http://ordet.jp/#blossom

オリジナルショートアニメーション
制作: Ordet/Project blossom
監督: 山本寛

[発表会]
2012年3月24日(土)16時半~17時
東京国際アニメフェア メインステージにて
ゲスト: 国内外のスペシャルゲスト登場予定