DLE 中国のアニメ企業Mr. Cartoonと共同事業契約締結

 3月9日、アニメを中心に映像事業を手がけるDLEは、中国のアニメーション会社Mr. Cartoon Picturesと海外向けのコンテンツビジネス開発を目的とした共同事業契約を締結した。
 DLEは、今後両社が培ってきたコンテンツビジネスのノウハウを活かし、さらに有益なビジネス開発に取り組むとしている。具体的なプロジェクトは明らかにされていないが、台湾や東南アジア、中東などの海外展開に取り組むDLEが、巨大市場として注目される中国にも乗り出すことになる。

 DLEは2001年に設立、2005年のアニメスタジオを設立した。アニメーションを中心に映像の企画・制作をするほか、ライセンシ管理、キャラクター事業などを手がける。海外事業にも積極的なことで知られる。
 一方、Mr. Cartoon Picturesは、中国でアニメ制作をするほか、映画への投資、共同製作、動画配信事業、ライセンス事業など映像関連の幅広い事業を手掛ける。CEOの王磊氏は、上海メディアグループドラマ部門の副主任や上海TOONMAXカトゥーンテレビ総裁などを務めた経験がある。
 中国で人気の高い『喜羊羊与灰太狼』シリーズや長編劇場アニメ『ストームライダー 風雲決』などを取り扱っている。昨年はソーシャルゲームをベースにしたアニメ映画『SEER』を制作し、公開一週間で約5000万元(約6.4億円)の興行成績を残した。

DLE
http://www.dle.jp/
Mr. Cartoon Pictures(日本語サイト)
http://www.mrcartoon.cn/index_jp.html