テレ東 中国でのアニメ同日配信3倍増 違法動画対策で

 テレビ東京が、2011年12月より中国向けに開始したテレビアニメ動画配信の視聴が大きく伸びている。2012年2月の定例社長会見で、田村明彦取締役が中国における違法動画対策の成果として明らかにしている。
 テレビ東京は、2011年12月1日より中国の大手動画配信サイト土豆(Tudou)と協力して、日本のアニメの同日配信をスタートした。これは日本でテレビ放映されたばかりの最新エピソードに中国語翻訳をつけて、同日中に中国国内で配信するという試みである。『NARUTO-ナルト-疾風伝』や『銀魂』、『SKET DANCE』、『BLEACH』などの人気作品をラインナップする。

 中国での大掛かりな日本アニメの公式配信の取り組みとして関心を集めている。一方で、中国語圏はネット上の違法アップロード、海賊版が多いことでも知られており、その対策も注目されていた。
 テレビ東京では正規配信のスタートと共に、土豆を通じてこうした他の投稿サイト、広告会社に対する海賊版対策にも取り組み始めている。他の動画サイトに対する違法アップ削除の警告などを行っている。この結果、大手動画配信サイト優酷(Youku)では、『NARUTO』、『BLEACH』などの違法ファイルが削除されたという。

 また、土豆はこうした違法投稿動画が、かなり減っていると報告する。この結果、当初は月間5000万ビューだった配信サービスは、現状で約3倍に増えているとしている。月間で1億を大きく超える視聴が実現することになる。
 中国は日本アニメの人気が高いにも関わらず、テレビアニメでの進出が難しいとされてきた。しかし、今回のテレビ東京の試みは、インターネットを利用することで中国進出を実現、さらに現地の大手企業と手を組むことで海賊版対策を行う。今後の動きも目が離せないものとなりそうだ。

テレビ東京 http://www.tv-tokyo.co.jp/