挑戦する雑誌 未来形コミック「月刊ヒーローズ」 新しい才能と新しい仕組みとは

■ ヒーローズ漫画大賞 何かが光っている才能が求められている

ここまで「ヒーローズ」のビジネスの取り組みを見てきたが、当然のことながらマンガ雑誌の根幹を成すのは、作品そのものの力である。「ヒーローズ」が考える作家とはどのようなかたちなのだろうか。
実は「ヒーロー」というコンセプトから連想される以上にその範囲は広い。本誌をめくってみても、そこにはSF、ファンタジー、時代劇と多彩だ。ヒーローとはいろいろなところに存在するという編集部の考え方が、ここに表れている。
一方で、当初、連載陣を考える際に、作家の選定は、ヒーローものなのでしっかりとした筋肉を描ける、力強いペンタッチを持つ作家を探したという。多くの人が共感できるヒーローに相応しい線が描けることが求められた。

そうしたヒーローズ編集部の挑戦は、現在行われている第1回ヒーローズ漫画大賞に対する取組みにも表れている。第1回ヒーローズ漫画大賞は、『ヒーローズ』の読者を対象とし、ヒーローをテーマにしたストーリー漫画、アクション、ファンタジー、時代劇などを募集している。
作品の審査は、本誌の作品にも関わる島本和彦先生、藤沢とおる先生、円谷プロダクション代表の大岡新一氏、そして田中聡編集長が行う。
田中編集長は、「新しい雑誌なので、積極的に新人を起用したい。」と意欲的だ。そして「野心がある人が欲しい。」と語る。作品については、「オールマイティである必要はない。『絵を見てくれ』でも、『ストーリーを見てくれ』でもいい。」とか光るものがあればと考える。
「漫画賞に応募する人は“いい作品”を描こうとしがちだが、自分のいいところを見せることが重要。最初からパーフェクトである必要などない。荒削りでも光るところが一つあれば。」と将来さらに大きく成長する才能を期待する。作品は2月28日まで募集中、応募作品の中から、新しいヒーローを生み出す作家が誕生することもありそうだ。

「月刊ヒーローズ」公式サイト http://www.heros-web.com/

第1回ヒーローズ漫画大賞
http://www.heros-web.com/award/

[応募資格]
年齢、性別、国籍、プロ、アマ問わず。
[作品内容]
『ヒーローズ』の読者を対象とした、ヒーローをテーマにしたストーリー漫画。アクション、ファンタジー、時代劇など。ジャンルは問わず。ただし、商業誌に未発表のオリジナル作品に限る。
[原稿枚数]
50枚以内
[応募締切]
第1回 2012年2月28日(火)(当日消印有効)
[発表]
月刊ヒーローズ6月号(2012年5月1日(火)発売予定)
*詳細は上記サイトで確認ください。