「B★RS」8ヶ国語同時配信 英語・中国語公式サイトも

(c)BRS on TV

 2月2日よりフジテレビ「ノイタミナ」枠などで放映を開始するテレビアニメシリーズ『ブラック★ロックシューター(B★RS)』が、世界展開に向けて動き出す。日本でのテレビ放映翌日となる2月3日から、海外に向けてインターネットによる番組本編の8ヶ国語字幕配信を実施する。
 配信は、ニコニコ動画が運営するニコニコチャンネルを利用する。配信開始は2月3日23時(日本時間)からで、世界の多くの国からアクセス可能となり、無料での視聴となる。
 『ブラック★ロックシューター』は、2007年にはじめてネット上で発表された。複数のクリエイターとのコラボレーションにより、オリジナル楽曲と伴にニコニコ動画で圧倒的な人気を獲得した。それがキャラクター展開やアニメ化などにつながった。
 ネット発でインターネットユーザーと親和性の高いブラック★ロックシューター』は、海外展開を積極的に進めるニコニコ動画のキラーコンテンツにもなるだろう。

 近年は、テレビアニメを日本での放映後、短期間で海外配信する例が急速に増えている。しかし、その多くは英語や中国などで、対象地域も限られているケースが多い。8ヶ国語同日配信は、昨年秋に、やはりニコニコ動画のシステムを利用して『Fate/Zero』でも行われた。今回はその経験を引き継ぐものだ。「ノイタミナ」作品では初の試みとなる。
 配信言語は、韓国語、中国語・繁体字、中国語・簡体字、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語である。また視聴可能地域は、米国、カナダ、フランス、ベルギー、スイス、イタリア、ドイツ、スペイン、メキシコ、チリ、アルゼンチン、韓国、台湾、シンガポールなど、それに中国本土も含まれる。欧米、アジア、ラテンアメリカなどをカバーする。字幕版はいずれも日本からは視聴出来ない。
 また、海外での視聴でも日本と同様に、動画に各国言語で自由にコメントを書き込むことが出来る。各話とも配信期間は1週間、毎週金曜日に新エピソードに入れ替わる。

 一方、世界展開は、動画配信だけにとどまらない。テレビアニメ化するにあたり、日本語のアニメ公式サイトだけでなく、英語と中国語のページを開設する。
 ニコニコ動画のように、日本から直接作品を海外に発信する際は、作品情報が十分海外に届かないケースが多い。これまでは海外のアニメニュースサイトやファンコミニティに頼りがちだった。多言語の公式サイトを番組自ら立ち上げることで、ファンがオフィシャル情報に簡単にアクセスすることを可能とする。

アニメ『ブラック★ロックシューター』
公式サイト http://www.noitamina-brs.jp/

『ブラック★ロックシューター』
世界向け字幕付き配信 
日時: 2月3日(金)23時配信開始(毎週金曜日23時更新)
http://ch.nicovideo.jp/channel/blackrockshooter
配信言語: 全8ヶ国語
韓国語、中国語・繁体字、中国語・簡体字、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語
対応地域: 
英語(アメリカ合衆国、カナダ)
フランス語(フランス、ベルギー、モナコ、スイス、アンドラ)
イタリア語(イタリア)
ドイツ語(ドイツ)
スペイン語(スペイン、メキシコ、チリ、アルゼンチン)
韓国語(韓国)
繁体字(台湾)
簡体字(中国本土、シンガポール)
*いずれも日本国内からアクセスすることはできません。