「NARUTO 疾風伝」 米国Huluでも有料同日配信を開始

 米国のマンガ・アニメ企業のVIZ Mediaは、1月19日から動画配信サイトHuluの有料視聴サービスHulu Plusで人気アニメ『NARUTO- ナルト – 疾風伝』の最新エピソードの同日配信をスタートした。
 日本でテレビ放映されたばかりのエピソードに英語字幕をつけて1時間後に配信する。また、番組はHD画質となり、無料サービスより質の高い映像を届ける。

 VIZ Mediaは、これまでは日本での放送開始一週間後に、Huluの無料サービス、自社配信サービスのVIZAnime.comなどで番組を提供してきた。『NARUTO』はその中で特に高い人気を誇っている。
 『NARUTO』は日本だけでなく、海外でも人気が高く、特に北米では、現在、もっとも人気の高い日本アニメのひとつとなっているためだ。HuluやVIZAnime.comでも、日本アニメの中で最も視聴回数が多いとされている。

 日本アニメの海外向け配信は、過去2、3年で急激な勢いで広がっている。一方で、海外向けの配配は無料のものが多く、なかかなか収益につながっていないとの指摘もある。
 Hulu Plusは1ヵ月定額で有料プログラムが見放題となるサービスで、視聴実績に応じて、コンテンツ保有者は収入を得ることが出来る。今回は人気作品の同日配信を有料サービスに組み込むことで、海外配信の収益拡大を目指した動きとなる。
 米国向けの有料同日配信は日本アニメ専門のクランチロールも行っている。提供サービスとしては重複するが、日本アニメにフォーカスしたクランチロール、米国のテレビ番組が多いHulu Plusで異なるユーザーにアプローチし、収益拡大を目指すことになる。

VIZ Media  http://www.viz.com/