韓国アニメ「ロボット・テコンV」など2本 名古屋で上映会

 韓国映画を日本に広く紹介するシネマコリアでは、11月7日に「シネマコリア2009 ~韓国古典アニメ特集~」と題した上映会を愛知芸術文化センターで行う。1960年代、70年代に製作された韓国の劇場アニメーションを紹介する。
 今回上映されるのは、韓国初の劇場アニメーションである『少年勇者ギルドン』と1976年に製作された『ロボット・テコンV』の2作品である。両作品の監督も来日し、トークショーを行う。

 近年は、日本国内で韓国アニメーションが紹介される機会は増えつつあるが、こうした古い作品が紹介されるのは珍しい。
 いずれの作品も長らく韓国では幻の作品とされていたが、近年フィルムが発見されたことで復元、復活上映が可能になった。日本でも関心が増している韓国アニメーションの原点を知る機会になる。

 『少年勇者ギルドン』は、1967年にシン・ドンホン監督が制作を行った。ハングル文字で書かれた最古の小説である『洪吉童伝』を基にアニメ化されている。主人公の義賊洪吉童は、韓国ではお馴染みのキャラクターである。
 一方、『ロボット・テコンV』は1976年の作品である。こちらは『少年勇者ギルドン』からは一転し、大型ロボットが活躍する。『ロボット・テコンV』も韓国では広く知られているが、これまで日本ではほとんど紹介されたことがなかった。日本のロボットアニメからも強い影響を受けているとされているだけに、日本人にとっても興味深いものとなるだろう。

 映画の上映は、11月7日に愛知芸術文化センター 12階アートスペースAにて行われる。各作品ティーチインがついて前売、当日とも1500円となる。
 また、17時40分からは、「韓国アニメーションの黎明期」と題した入場無料のトークショーを行う。ゲストとして『少年勇者ギルドン』のシン・ドンホン監督、『ロボット・テコンV』のキム・チョンギ監督が出演する。詳しい日程は、シネマコリアのサイトにて確認出来る。

シネマコリア http://cinemakorea.org/