イーブック通期予想を上方修正 スマホ・タブレット向け好調

 12月22日、イーブック イニシアティブ ジャパンは、平成24年1月期の通期業績予想を上方修正した。これまで19億8800万円としていた売上高を21億円に引き上げた。これに伴なって営業利益は2億3100万円から2億7000万円に、経常利益は2億円から2億5500万円、当期純利益は1億9900万円から3億円にそれぞれ変更された。
 前期の売上高は11億9300万円だったことから73%増と大幅な伸びとなる。また、営業利益、経常利益、当期純利益も前期の9000万円台から急伸する。
 イーブックは業績予想の変更について、電子書籍販売サイトeBookJapanでのスマートフォン、タブレット端末向けの販売が堅調に推移しているためとしている。新世代デバイス向けの展開を積極的の推進する戦略が業績に結び付いたかたちだ。

 これとは別にイーブックは、株主優待制度の新設も発表した。100株以上保有の株式主に対して、eBookJapanの電子書籍が購入出来るeBook図書券1050円分を贈呈する。図書券はデジタルでなく印刷されもので券面には、名作マンガのキャラクターを掲載する予定である。イーブックはコレクション性のあるものになるとしている。
 1月31日の株主を基準とし、2012年は3月下旬に発送を予定している。

イーブック イニシアティブ ジャパン
http://corp.ebookjapan.jp/