ブロスタTV来年2月再開 全力エージェンシーが事業継承

 日本経済広告社グループの広告代理店である全力エージェンシーは、12月28日付けでクリエイターの作品投稿サイト「ブロスタTV」の事業継承することを明らかにした。「ブロスタTV」は現在、テレビ朝日が100%出資する子会社ブロスタTV合同会社が運営している。
 ブロスタTV合同会社は本年秋にサイトの運営を一旦停止、10月からウェブサイト運営とクリエイターのプロデュース事業の継承先を公募していた。当初より12月末日までに譲渡手続きを終了するとしており、順調に関連事業が継続されることになった。

 「ブロスタTV」は、2007年にテレビ朝日とデジタルスケープの共同出資により事業をスタートした。クリエイターが自主制作した短編映画やアニメ、ミュージッククリップ、ゲーム、マンガ、キャラクターの発表の場となっている。
 さらに投稿だけでなく、投稿された作品、投稿したクリエイターの発掘、育成、プロデュースも行っている。動画サイトとクリエイタープロュースをつなげた野心的なプロジェクトである。実際に「ブロスタTV」からは、『Peeping Life』、『アジール・セッション』といったヒット作も残している。国内を代表するクリエイター系動画サイトだけに、事業継承先の決定は多くの人に歓迎されるだろう。

 全力エージェンシーは、エンタテインメント関連企業を中心にプロモーション企画戦略、サポート、また広告コミュニケーション事業を展開している。また、映画事業や新規メディア開発、携帯アプリ制作など独自のエンタテインメント事業も行う。こうしたバックグラウンドを、「ブロスタTV」事業に結びつける。
 事業再開後は、様々なコンテストなどの企画開催し、クリエイターのデビューの機会を提供する。また、既存事業とのシナジー効果も考えながら、エンタテインメント分野の新規事業を積極展開する。「ブロスタTV」はそのプラットフォームとしての役割を期待されそうだ。

ブロスタTV http://www.brosta.tv
[サービス再開予定日]
2012年2月(予定)

全力エージェンシー http://zenryoku.co.jp/