パピレス 電子貸本レビュー投稿Facebook、Twitter連携

 国内電子書籍サービスの大手パピレスは、同社の主力サービスである「電子貸本Renta!」のコミュニケーション機能を強化する。2012年12月13日より、レビュー投稿機能にFacebook、Twitterと連携することで、SNSを通じたレビュー投稿共有を実現した。
 このサービスを利用することでユーザーは、お勧めの作品をSNS上知り合いと共有することが出来る。動画共有サイトで多く用いられている感想を共有する楽しみを電子書籍に広げる。読書の楽しみを広げると同時に、電子書籍の利用拡大も促すことを目指すとみられる。

 レビュー投稿の共有方法は3つからなる。ひとつはユーザーが「電子貸本Renta!」から投稿したレビューが、自身の登録したSNSサイトにそれを反映させることが可能になる。ふたつめは、他の人が投稿したレビューも、同様に共有が可能になる。
 また、3つめは、作品読書中のリアルタイム共有である。ユーザーは閲覧中に気になったり、感想があった際にビューワの「共有する」ボタンを押すと、そのままレビューが投稿出来る。さらに作品のサンプルページへのURLが同時に投稿され、レビューを読んだ別のユーザーがサンプルを読むことが可能になる。

 「電子貸本Renta!」は、閲覧可能期間を制限する電子書籍サービスを主力としている。期間制限をすることで、価格設定を「48時間閲覧100円~」という低価格に抑えることを実現する。手軽に、安価に利用出来ることから人気を集めている。

パピレス http://www.papy.co.jp/