京都精華大 国内初ポピュラーカルチャー学部設立目指す

 京都市にキャンパスを構える京都精華大学は、新たにポピュラーカルチャー学部の設立構想を明らかにした。2012年4月下旬に文部科学省に設置を届け出て、2013年4月の開設を目指す。
 構想によれば、ポピュラーカルチャー学部は音楽コース、ファッションコースから構成されるポピュラーカルチャー学科定員118名からなる。構想が実現すれば同大学は、マンガ学部、芸術学部、デザイン学部、人文学部と併せて5学部体制となる。現代カルチャーを中心とした人文・芸術系のユニークな大学の個性がさらに際立つことになる。京都精華大学は、文部科学省への事前相談は既に終わっているとしている。

 京都精華大学のポップカルチャー学部は、マンガ、アニメーション、音楽、ファッションなどポップカルチャーとして括られる領域のなかから特に音楽とファッションにフォーカスする。
 大学は、これらの分野は社会的、文化的な意義が大きいが、これまで高等教育機関で取り扱われることがなかったと説明する。そこで、今回日本で初めて教育研究に取り組むとしている。

 京都精華大学は、日本で初めてマンガ学部を設けた大学として知られている。学部にはマンガ創作のほか、マンガプロデュース、アニメーションなどのコースも設けられている。
 もし、ポピュラーカルチャー学部の音楽コース、ファッションコースが加われば、現在、国内外で注目される日本のポップカルチャーのうちマンガ、アニメ、J‐POP、ファッションをカバーする。文字どおり日本のポップカルチャーの拠点となるだろう。

 ただし、日本初のポピュラーカルチャー学部とするものの、ファッション=服飾・被服、音楽の大学教育は、必ずしも珍しいものではない。そうした従来の教育、学部、学科と何が違うのか、設立に向けて明確に打ち出す必要はあるだろう。
 京都精華大学の新しさは、それをポップカルチャーとして切りだし、従来は一緒に括られなかったファッションと音楽を同じ学科とすることだ。さらにファッション、音楽、そして既存のマンガ、アニメーション教育との連携が、大学の方向性に大きな役割を果たすことになるだろう。

京都精華大学 ポピュラーカルチャー学部特設サイト
http://www.kyoto-seika.ac.jp/popularculture/