ブシロードがウェブ・アプリ開発PROに出資 業務提携発表

 12月12日、トレーデイングカードゲーム(TCG)やコンテンツ製作のブシロードが、アプリ・ウェブサイト企画・開発のピー・アール・オー(PRO)の第三者割当増資を引き受け、同社と資本、業務提携する基本合意に達したと発表した。
 業務提携を通じて、グループのTCGビジネスやコンテンツビジネスの拡大を目指す。また、新規事業展開の推進にもつなげるとしている。

 ブシロードは2007年に、TCGの専業企業としてスタート。拡大するTCG市場のトレンドを掴み急成長、2011年7月期には年間売上高約65億円に達した。「カードファイト!!ヴァンガード」、「Weiβ Schwarz」などの主力タイトルがある。現在は、アニメ製作出資やゲームソフトなどにも事業が拡大する。
 一方、PROは横浜に本社を置き、各種アプリケーションや大規模なWebシステムを構築・運用する。大手企業のキャンペーンサイトやECサイトなどに経験が深い。2009年度の売上高はおよそ6億7000万円。今後はスマートフォン向けの事業を拡大する予定である。

 TCGやコンテンツのブシロードとアプリ・ウェブ開発のPROとはやや距離のある提携に見える。しかし、これはブシロードの今後のビジネスの方向性を垣間見せているとも言えそうだ。
 現在のブシロードはリアルなカードゲームが主体だが、PROと結びつくことでデジタルやウェブ上での展開の可能性が広がる。また、今後ビジネスが拡大するとみられるスマートフォン向けに、自社コンテンツを展開することも出来るに違いない。

ブシロード
http://bushiroad.com/
ピー・アール・オー
http://www.pro-japan.co.jp/