ビットウェイ 新プラットフォーム向け電子書籍配信 年100万DL超

 電子書籍取次ぎサービス大手のビットウェイは、過去一年間の新プラットフォーム向けの電子書籍コンテンツ販売が年間で100万ダウンロードを超えたことを明らかにした。これは同社が2010年12月10日にスタートした電子書籍流通事業サービスが、1周年を迎えたのにあわせて発表された。
 電子書籍流通事業サービスは、「BookLive!」、「Reader Store」、「LISMO Book Store」、「GALAPAGOS STORE」ほか国内複数の電子書店向けに、スマートフォン、タブレットPC、電子書籍専用端末などの新プラットフォーム向けに展開している。11月末までにこの販売が、累計で103万ダウンロードとなった。

 集計対象はスマートフォン、タブレットPC、電子書籍専用端末など新世代のプラットフォーム向けに限定されている。コンテンツのファイル形式は、book、XMDF、EPUBなどになっている。
 国内の電子書籍のかなりの部分を占めるフィーチャーフォンを含む従来のモバイル向け含まないことで、昨年来注目される、新しい電子書籍市場のビジネスのボリュームの一端が分かる数字ともなっている。
 ビットウェイは、現在、国内最大の電子書籍のアグリゲーターで約400社と取引がある。また、取り扱いコンテンツは全体で8万点以上、書籍が約3万8000点、マンガが約4万点、写真集が約2000点となる。

ビットウェイ 電子書籍流通事業
http://www.bitway.co.jp/business/casestudy/index.html