日本テレビ ネット・デジタル部門集約、編成局内に新設

 日本テレビは12月1日付けで組織改正を行い、編成局内に新たにメディアデザインセンターを新設した。同局のインターネット、デジタル関連部門を集約した。メディアデザインセンターを軸に、テレビ放送に加え、新時代のメディアにこれまで以上に積極的に取り組んでいくことになる。
 メディアデザインセンターの下には、メディアマネジメント部とメディアクリエイション部が設けられている。インターネットやデジタル関連事業の推進をするだけでなく、新規事業開発やコンテンツの二次利用などもコア事業とする。

 こうした取り組みの一環として、このほど番組宣伝に特化した日テレ公式チャンネルをYouTubeに開設した。
 なかでも12月9日19時から放映するスペシャルドラマ『らんま1/2』では、新しいマーケテイングを積極的に取り込む。YouTubeのほか、デジタル放送なども利用する。作品の魅力である突飛な設定や展開を、初めて作品を観る視聴者にも分かり易く解説する。

 また、日本テレビは、今後収益を伸ばす事業の柱のひとつとして、海外展開もさらに力を入れる。台湾で地元テレビ局と合弁で番組制作会社 黒剣テレビ番組制作株式会社を立ち上げた。
 これまでの海外事業の中心だった番組販売だけでなく、番組制作の強化も目指す。黒剣テレビを足がかりにして、さらなるアジア展開も視野に入れる。

日本テレビ http://www.ntv.co.jp/
スペシャルドラマ『らんま1/2』 http://www.ntv.co.jp/ranma/