デジタル・フロンティア マレーシアのCGスタジオ子会社化

 国内の有力CGスタジオであるデジタル・フロンティアは、マレーシアのCGプロダクションFly Studioの株式取得を発表した。2012年12月1日付けで同社を子会社化した。
 Fly StudioはCGプロダクションに特化したスタジオとして2001年にクアランプールに設立。ゲームムービーやコマーシャル、映画のCGパートを担当している。ビジネスパートナーは同国だけでなく、日本、中国、インド、シンガポール、スペイン、英国、中近東などに広がっている。 

 一方、デジタル・フロンティアは、ゲームやアニメ映画、実写映画のCGパートなどを手がける。代表作にはゲームでは『龍が如く』シリーズ、映画では『サマーウォーズ』、『デスノート』などがある。また、近年は長編CGアニメーションの制作も行い、2011年は『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』で注目を浴びた。
 デジタル・フロンティアは国内でCGプロダクションの需要が高まるなか、積極的に事業を拡大している。今年7月18日には、台湾に集拓聖域股份有限公司(Digital Frontier (Taiwan) Inc.)を設立している。今回のFly Studioの子会社化は、これに続くものだ。相次ぐ海外展開で、成長する海外の人材も活用し、さらなる事業展開を目指すことになる。

デジタル・フロンティア http://www.dfx.co.jp/
Fly Studio http://www.flystudio.com.my/