海外向け電子書籍サイトSUGOI BOOKS 欧州展開開始

 NECビッググローブが海外向け展開する電子書籍サービス「SUGOI BOOKS」が、11月22日よりフランスでの電子マンガ・コミックスの配信サービス提供を開始した。Android搭載のスマートフォン・タブレット向けに日本マンガの英語翻訳版、アメリカンコミックス、さらにBIGLOBEが手がけるオリジナルマンガなどを配信する。
 ユーザーはAndroid Marketで無料の専用書店アプリをダウンロード後、アプリを通じて作品を購入する。販売は月額購入またはその都度のチケットを購入するかたちで行われる。

 サービス開始時のラインナップは、およそ500冊。士郎正宗さんの人気サイバーSFマンガ『APPLE SEED』、江口寿史さんの『ストップ!!ひばりくん!』などが含まれる。
 さらに日米でのサービスに引き続き、米国の有力コミック出版社IDWの作品も提供する。作品の国籍に捉われないビジネス展開が目指される。

 「SUGOI BOOKS」は、NECビッググローブの運営する電子書店としてスタートした。国内向けには「TOP BOOKS」のブランドで運営する。日本のマンガが海外で人気が高いことから、マンガを切り口に世界展開を目指している。
 今年4月に米国、11月8日にはカナダでもサービスを開始しており、今回のフランスはこれに続くものだ。また、12月からはドイツでも配信を予定する。ヨーロッパでの事業を一気に拡大する予定である。
 北米、ヨーロッパに続き、アジアでのサービス提供も予定している。さらに2012年末までにラインナップ作品を10万冊以上に強化、多言語対応などのグローバル仕様を目指す。また、Android端末だけでなく、iPhone/iPad、Windows Phone、BlackBerryなど対応端末も今後拡大する。2013年度に売上100億円を目指す。

 これまで日本マンガの海外進出は、各国ごとに翻訳出版社とライセンス契約することで展開することが多かった。一方で、デジタル時代に入ったことで、電子販売により日本から直接海外に作品を販売することが可能となっている。出版社には従来の現地のライセンシーとの関係維持という問題はあるが、一方で既にそうしたビジネス試みは始まっている。「SUGOI BOOKS」もそのひとつである。
 「SUGOI BOOKS」のサービスはまだスタートアップの段階だが、計画の大きさから、今後の展開が注目される。

「TOP BOOKS」
https://market.android.com/details?id=jp.ne.biglobe.topbooks.ja
「SUGOI BOOKS」
https://market.android.com/details?id=jp.ne.biglobe.topbooks.us&hl=ja