BookLive!が電子マンガ4誌創刊 ビットウェイの新たな挑戦

クリックで拡大

 電子書籍ストアの「BookLive!」が、デジタルマンガ誌に乗り出す。11月18日に「BookLive!」に配信限定したデジタルオンリーのマンガ誌「ムチューコミック プレ創刊1号」を創刊した。また、12月16日にはプレ創刊2号を配信する。いずれも無料だ。
 プレ創刊1号は、2012年1月6日に創刊する「ムチューコミック DRIVE」と1月20日に創刊する「ムチューコミック Mint」から、それぞれ2作品、合計4作品を掲載する。新雑誌の雰囲気をいち早く伝える。

 「BookLive!」は今回のプロジェクトにあたり、月刊マンガ誌を一気に4つ立ち上げる。「ムチューコミック DRIVE」は男女両方をターゲットに毎月第1金曜日に発売、「ムチューコミック Mint」女性向けに毎月第3金曜日に発売される。
 デジタルマンガ誌はムチューコミックシリーズと位置づけて、このほか毎月第2金曜日、第4金曜日の発売の2誌を2月、3月に創刊する予定である。全てが揃うと毎月ほぼ毎週オリジナルのマンガ誌が「BookLive!」に登場することになる。
 連載作品は全てこれらの雑誌のための描き下ろし作品で、新進気鋭のマンガ家が参加する。またそれぞれの雑誌は100ページ程度、各5作品を掲載する。価格は税込105円とし、価格もボリュームも気軽に読めるマンガ誌を目指していることが分かる。

 サイトを運営をするBookLiveによれば、オリジナルデジタル誌の創刊は新たなユーザーの獲得や他のストアとの差別化を図るためである。オリジナルコンテンツの投入で、競争力強化と市場拡大を目指す。
 デジタルマンガ誌の試みは、これまでにも大手ポータルサイトのYahoo!Japanやスクウェア・エニックスのガンガンONLINE、角川コンテンツゲートのBOOK☆WALKERなどでも行われている。そうしたなかからすでに人気作品も誕生している。
 電子書籍の総合ストアの大手の地位を確保したい「BookLive!」も、これに乗り出すことになる。同時にBookLiveの親会社が電子書籍・マンガのアグリゲーター大手のビットウェイというのも興味深いところだ。同社がコンテンツの流通からさらにコンテンツの創出に事業を拡大しているともとれるからだ。

「BookLive!」 http://booklive.jp/
株式会社BookLive  http://www.booklive.co.jp/

『ムチューコミック プレ創刊1号』
配信日: 11月18日(金)
販売価格: 無料
ページ数: 107ページ

「ムチューコミック DRIVE 創刊号」
テイスト:男女向け
創刊日:2012年1月6日(金) 発売日:毎月第1金曜

「ムチューコミック Mint 創刊号」
テイスト:少女/女性向け
創刊日:2012年1月20日(金) 発売日:毎月第3金曜

「ムチューコミック 第3誌(仮称)」
テイスト:男女向け(予定)
創刊日:2012年2月24日(金) 発売日:毎月第4金曜

「ムチューコミック 第4誌(仮称)」
テイスト:少女/女性向け(予定)
創刊日:2012年3月9日(金) 発売日:毎月第2金曜