まんだらけ 通期連結売上83億円前年並み TOY 伸長

 中古マンガやプレミアグッズ販売のまんだらけは、11月14日に平成23年9月期の決算発表を行った。売上高は3.2%増の83億7100万円とほぼ前年並み、営業利益も6億400万円と前年比3.3%減と小幅の変動にとどまった。
 期間中に福岡店の移転・拡張を行ったが、大型投資は一巡した。大きな資金調達がなかったことから経常利益は20.6%増の5億4600万円に増加した。当期純利益は2億5900万円(前年比3.6%増)である。
 また今期の予想については、売上高84億4600万円、営業利益6億5200万円、経常利益5億3600万円、当期純利益2億7200万円とする。こちらも前期並みと大きな変化はない。

 業績の変化は少なかったものの、品目ごとの売上には変化があった。好調だったのはTOYSで前年同期比17.4%の伸び、売上高は25億1600万円で全体の30%、品目別で前年トップのその他を抜いた。
 その他部門はセル画や原画などアニメ制作素材、BDやDVD、CDなどが含まれる。こちらは2.2%減で21億6900万円である。同人誌は19億2300万円で全体の22.9%、前年比で4.1%減少した。本は前年とほぼ同じ16億9900万円だった。

まんだらけ http://www.mandarake.co.jp/