GONZO シンガポールでアニメ教育の業務提携事業

 アニメ製作会社のゴンゾが、シンガポールで日本アニメ式の教育事業を手掛ける。シンガポールのアニメーション学校 ArtFusion Media Schoolと業務提携し、同国で日本式のアニメ教育を導入をする。
 また、シンガポールだけでなく、アジアを中心に海外マーケットを視野に入れた教育教材の開発と普及をもめる。日本アニメ人気のなかで需要が高まる日本アニメ制作のノウハウを海外に広める。

 ArtFusion Media Schoolは、シンガポールを代表する新進のアニメーション学校である。2007年に設立されて以来、3Dモデリング、キャラクターアニメーション、コンセプトアート、デジタル視覚効果の4 つの主要コースを保有する。
 ゴンゾはArtFusion Media Schoolの知名度と教育施設、そして同社がこれまで培ってきたアニメ製作のノウハウを融合させ教育に活用する。まず、シンガポールをスタート、海外の日本アニメファン向けの短期講座の運営を進める。
 ゴンゾによれば、シンガポールには数多くの日本アニメファンが存在する。しかし、これまで日本式のアニメ教育を行う機関はほとんどなかった。そこでこうした層をターゲットに教育プログラムを進めて行く。

 また、今回のArtFusion Media Schoolとの業務提携で開発した教育教材は、国際ライセンスのかたちで他国へ展開することを視野に入れている。シンガポール以外の地域での日本式のアニメ教育の需要に応える。
 さらに将来的には、長期講座の開設も視野に入れるとしている。日本式アニメ制作工程全般の教育の海外導入を目指すことになる。

 海外での日本のアニメの人気は、一方でファンの間に日本アニメを作りたいという層を創りだしている。しかし、実際には、海外在住の若者が日本に来て、アニメ制作を学ぶのはハードルが高い。国内の多くの学校が日本語以外の対応していないほか、渡航のための費用なども馬鹿にならない。
 ゴンゾとArtFusion Media Schoolのプロジェクトは、手軽に参加出来ることでこうしたニーズを汲み取る。同時にこうした教育講座は、海外の日本ファンの増加にも貢献しそうだ。

GONZO http://www.gonzo.co.jp/
ArtFusion Media School http://www.artfusionmedia.edu.sg/