角川グループ第2Q アニメBD順調 デジタルユーザー増加

 10月27日、出版・メディア大手の角川グループホールディングス(角川GHD)は、平成24年3月期第2四半期の決算発表をした。売上高は679億600万円(前年同期比1.5%増)とほぼ前年並みとなったが、営業利益は34億5300万円(同38.8%増)、経常利益は34億5300万円(同18.2%)、さらに四半期純利益は28億7800万円と黒字転換した。
 期間中は、BOOK☆WALKERの事業拡大やドワンゴとの資本提携、中国でのマンガ雑誌出版開始などデジタル分野や海外への積極的な展開が見られた。また、この10月にはメディアファクトリーの買収も発表するなど事業拡大戦略が鮮明だ。

 事業の中で好調だったのは、書籍関連のうち文庫、ライトノベル、マンガ、また、映像パッケージがアニメ作品のBlu-ray Discを中心に順調だったとしている。
 売上の貢献が大きかった作品として、ライトノベルでは『涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)』、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』、『とある魔術の禁書目録』、『バカとテストと召喚獣』、『いつか天魔の黒ウサギ』の5つが挙げられている。アニメ化作品が多く、映像との連動が売上に影響を与えているようだ。
 またマンガでは『デッドマン・ワンダーランド』、『魔法少女リリカルなのは』、『学園黙示録H.O.T.D.』、『テルマエ・ロマエ』の4作品が言及されている。
 順調とされたアニメパッケージは、4作品である。『これはゾンビですか?』、『GOSICK-ゴシック』、『らき☆すた Blu-ray BOX』、『ストライクウィッチーズ Blu-ray BOX』が売上を支えた。

 雑誌・広告関連は厳しかった。東日本大震災の影響が大きく、雑誌販売、広告収入とも厳しい状況が続いているとする。また、シネコン事業も大型作品が少なかったことから、業績が伸び悩んだ。
 一方でネット・デジタル関連は、ゲームソフト、eコマースが引き続き順調だった。グループの戦略事業であるデジタルコンテンツ配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」は、大型キャンペーンや新規コンテンツの投入もあり、ユーザー数とコンテンツ販売数を大きく伸ばした。

角川グループホールディングス http://www.kadokawa-hd.co.jp/