ディズニー衛星放送 正式名称「D-Life」に決定

 10月1日から国内のBSチャンネルが12チャンネルから一挙に24チャンネルに増える。WOWOW の3チャンネル化やBSアニマックスの登場などBS放送局のビジネス拡大も期待されている。
 しかし、2012年3月にはさらに放送局は拡大、そしてこれまでになかったチャンネルが登場する。ウォルト・ディズニー・ジャパンの100%子会社ブロードキャスト・サテライト・ディズニーが開局する新BSチャンネルである。
 この正式名称が「D-Life(ディーライフ)」に決定し、9月26日にチャンネルロゴと伴に発表された。こ薄い青紫のスマートなロゴは、これまでのディズニーのイメージを覆す新鮮さを感じさせる。これまでとは違う放送局との意気込みを感じさせる。

 実際に「D-Life」は、かなり挑戦的な試みである。新BS放送局の多くが、専門性の高い有料チャンネルとなるなかで、広告モデルの無料放送を選択する。これは国内では初の外資系企業による無料放送のBSチャンネルである。
 番組の編成も、家族で広く楽しめる総合チャンネルとして組み立てられる。ディズニーグループの傘下で米国の4大ネットワークのひとつであるABCから作品を供給するほか、プライムタイムは人気ドラマが組まれる。
 映画やバラエティ番組、ニュースも放映され、さらに朝と夕方の時間には、ディズニーの得意とするアニメーションも放映する。詳細な編成については今後も随時発表するとしているが、有力なコンテンツを多く持つグループだけに今後の展開も注視される。