「ラストエグザイル」日本とアジア17地域で同日TV放送

 (c)2011 GONZO /ファムパートナーズ

 アニメ製作会社のゴンゾとソニー・ピクチャーズ・TVネットワーク・アジアは、10月からの新作テレビアニメシリーズ『ラストエグザイル-銀翼のファム-』の日本とアジアの同日テレビ放送開始を発表した。ソニー・ピクチャーズ・TVネットワーク・アジアが運営するアニメ専門チャンネル アニマックス・アジアを通じて実現する。
 『ラストエグザイル-銀翼のファム-』は、2003年に国内放映を開始、その後世界的に熱狂的なファンを生み出した『LAST EXILE』のスタッフが再集結した話題作である。その作品をアジア各国で日本とほぼ同時にテレビ放映で展開する。

 日本での第1話初回放送は、10月14日深夜(15日未明)を予定している。この放送後、15日20時からシンガポール、マレーシア、フィリピン、香港、インドなどで、22時半から台湾で『ラストエグザイル-銀翼のファム-』の同日独占放映が行われる。
 アニマックス・アジアはアジア17ヶ国・地域で3700万世帯の視聴者を持つ。日本を含む多くのファンが、同日に最新のアニメをテレビ楽しむことになる。

 アニマックス・アジアは2009年に、テレビ放送としては世界初の日本アニメの海外同時放送を実現した。しかし、アニメの日本との同時放送のハードルは高く、その後、アニマックス・アジアでの同周放映は3作品となっていた。
 今回の『ラストエグザイル-銀翼のファム-』は、その第5弾となる。作品の話題性の高さが、高いハードルを乗り越えたかたちだ。
アニマックス・アジア オフィシャルサイト: http://www.animax-asia.com/
GONZO オフィシャルサイト:http://www.gonzo.co.jp/

『ラストエグザイル ー銀翼のファムー』
http://www.lastexile-fam.com/     
http://twitter.com/#!/lastexile_fam