CMTアワード 大賞に糸曽賢志さん「コルボッコロ」

 10月26日から28日まで六本木ヒルズで開催されるクリエイティブマーケット東京2011のCMTアワード2011受賞作品が決定した。
 今年は糸曽賢志さんの『コルボッコロ』が大賞を受賞した。今回初出展した糸曽さんの『コルボッコロ』は、動画革命東京の第1期支援作品として2007年に30分のパイロット版が制作された。『コルボッコロ』は、これまでi-modeやWiiなどでの配信がなされてきたが、これを機にさらなる展開が期待される。

 一方、審査員特別賞は5作品となった。ハッピープロジェクトの『くるくるスーシーズ』、野中晶史さんの『CLIMBER』、SSS合同会社の『東北ずん子』、tiroir(イドナオミ)の『couchecouchebonbon』、Yumiko Matsuura Worksの『ニャミール荘の面々』である。ハッピープロジェクトは、昨年『フルーティー侍』が計5賞を獲得して話題となった。野中さんの『CLIMBER』は、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻1期の作品でもある。
 そして復興コンテンツ賞として我武者羅應援團の『我武者羅應援團第九応援歌』が選ばれた。我武者羅應援團は昨年、審査員特別賞など2賞を獲得している。

 クリエイティブマーケット東京(CMT)は、これまでビジネスマッチング見本市として開催されてきた東京コンテンツマーケットが改組したもの。コンテンツ制作者のビジネスへの登竜門として、販路の確保や製作資金の調達を支援する。また、コンテンツやライセンス関係のエージェント、各地域のインキュベーション・マネージャー、各地方のクリエイティブ企業・団体などといった出展者が、国内外市場との連携を図る機能を持ちあわせている。
 なかでもコンペティションブースは、審査を通過した個人クリエイターや小規模プロダクションなどが出展している。CMTアワードは、コンペティションブースの出展者が権利を所有する作品から選出される。昨年の大賞は IDAとアニマの『CAT SHIT ONE – THE ANIMATED SERIES -』(笹原和也監督)であった。『CAT SHIT ONE – THE ANIMATED SERIES -』は今年、8月24日にBDとDVDが発売されている。
【真狩祐志】

CREATIVE MARKET TOKYO http://www.cmtokyo.jp/