Android向けポータル「SQUARE ENIX MARKET」開設発表

 ゲーム会社のスマートフォン向けビジネス展開に勢いがついている。9月15日に始まった東京ゲームショウ2011では、ゲーム関連各社のソーシャルゲームやSNS対応がクローズアップされた。
 そうしたなかで業界大手のスクウェア・エニックスは、東京ゲームショウ2011会場にて、「SQUARE ENIX MARKET」のサービス開始を発表した。「SQUARE ENIX MARKET」はAndroid 端末向けポータルサイトで、同社の名作ゲームや新作ゲームを集めてサービス展開する。

 スクウェア・エニックスによれば、「SQUARE ENIX MARKET」はNTT ドコモ、KDDI、SoftBankの国内携帯電話3キャリア向けに展開、今冬より順次サービスを開始する。
 提供タイトルの目玉となりそうなのは、まず『ドラゴンクエストモンスターズWANTED!』である。同社の人気シリーズ「ドラゴンクエスト」では初のスマートフォン向けタイトルとなる。さらに『ファイナルファンタジー』、『クロノ・トリガー』などスクウェア・エニックスの名作シリーズが登場するとしている。
 また、『拡散性ミリオンアーサー』、『DEMONS’SCORE』」といった新作ゲームも投入する。有力タイトルを多数並べることで、サービススタート当初からユーザーを獲得する狙いがありそうだ。

 iOS向けでのゲームは、App Storeを通じて提供されている。アップルがプラットフォームを管理することでゲーム会社にとって不自由も多いが、サービスの質が確保され、ユーザーも集中するなど利便性は高い。
 一方、Android端末向けではゲーム会社の自由度は増すが、サービス提供はバラバラでアプリもネット全体の中に埋もれる危険が高い。スクウェア・エニックスは独自の強力なプラットフォームを作ることで、拡大するAndroid端末向けゲーム市場でも効率的なビジネスを目指すことになる。

「SQUARE ENIX MARKET」
対応機種 :Android端末 (NTTドコモ、KDDI、SoftBank)
配信時期 :今冬より順次、提供を開始
アプリ価格 :未定

■配信予定タイトルラインナップ
「ドラゴンクエストモンスターズ WANTED!」
「ファイナルファンタジーレジェンズ 光と闇の戦士」
「クロノ・トリガー」
「いただきストリート Smartphone(仮)」
「ケイオスリングス」
「ケイオスリングス オメガ」
「DEMONS’SCORE」
「拡散性ミリオンアーサー」
「ファイナルファンタジー」
「ファイナルファンタジーII」
「クリスタル・ディフェンダーズ」など