「北斗の拳ONLINE」サービス停止発表 ガンホー特損計上

 オンラインゲーム運営のガンホー・オンライン・エンターテイメントは、同社の運営タイトルのひとつ『北斗の拳ONLINE HEROS』のサービスを今年9月30日で終了することを明らかにした。
 『北斗の拳ONLINE HEROS』は、ガンホーが大型タイトルとして2008年7月からスタートした。人気作品とキャラクターによる本格的なオンラインゲーム化として期待をされたが、サービス開始から1年余りで終了することになる。

 ガンホーによれば今回のサービス終了は、同社を取り巻く市場環境の変化などのためとしている。これまで『北斗の拳ONLINE』は、従来にない新しいユーザー層の獲得に貢献して来たが、事業の最適化を進め中で事業計画の一部見直したとしている。
 『北斗の拳ONLINE』は参加者がオンライン上に築かれた『北斗の拳』の世界のキャラクターになって、プレイするMMORPGゲームとして作られた。当初2006年スタートしていたが、開発の遅れから2008年に延期してスタートしていた。

 その後、大型タイトルでの人気獲得を目指したが、投資と運営コストに見合う十分な収益ビジネスを築けなかったのもサービス終了の一因とみられる。
 ガンホーは今回の『北斗の拳ONLINE HEROS』のサービス終了に伴い、平成21年12月期第2四半期に減損損失約7億3800万円の特別損失に計上することも明らかにしている。また、通期の業績見通しについて開示を行っていない。

北斗の拳ONLINE HEROS 公式サイト http://www.hokutonoken-online.jp/

ガンホー・オンライン・エンターテイメント http://www.gungho.jp/