「ヱヴァ新劇場版:Q」来秋公開 劇場アニメの台風の目に

 人気アニメの劇場最新作が2012年、スクリーンに登場する。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q Quickening』が、2012年秋に公開されると発表された。8月26日夜、日本テレビ系で放映された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版』の放映後、新作映像と伴に告知されたほか、公式サイトでも情報を掲載した。 
 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』はこれまでのテレビ作品、劇場映画とは異なる作品として、2007年からあらたにスタートした劇場シリーズである。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は、2007年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、2009年『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に続く3作目、3年ぶりの登場となる。映画の詳細は明らかにされていないが、人気作品だけに今回も大きな話題を呼ぶことになる。

 実際に今回の日本テレビ系金曜ロードショーでの放映にあたっては、テレビ放映としては異例の大型プロモーションが打たれた。「EVA0826キャンペーン」と題された連動企画では、話題のイベント「リアル脱出ゲーム」、ローソン、セガ、富士急ハイランド、バンダイ、アニメイトなど30以上にもなるコラボレーション企画が登場し、放送を盛り上げた。
 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公開決定は、こうしたなかでサプライズを伴ったメインイベントとになった。1年後となる劇場公開のスタートアップとしては申し分ないものである。

 そして、本作の公開は、ビジネス面でも大きな注目を集める。前作「破」は、興行収入40億円、Blu-ray Disc、DVDの出荷数100万枚以上と空前のブームを巻き起こした。それは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場』だけでなく、アニメ業界全体を活気づけた。
 2010年の国内劇場アニメで興収40億円を突破した作品が現在までないことを考えれば、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が2011年劇場アニメの台風の目になることは間違いない。ファンだけでなく、業界関係者の期待も背負うことになる。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』 公式サイト http://www.evangelion.co.jp/