クリエイティブ見本市CMT2011コンペティション出展者決定

 10月26日から28日まで開催されるクリエイティブマーケット東京2011。コンテンツ制作者のビジネスへの登竜門として販路の確保や製作資金の調達を支援する見本市だ。そのコンペティションブース出展者が発表された。
 クリエイティブマーケット東京は東京コンテンツマーケットを前身とし、クリエイティブの見本市を掲げる。本年はから運営事業主体が国際コンテンツ見本市TIFFCOMも運営するユニジャパンに移行、昨年までの開催されていた東京ビッグサイトから会場をであった六本木ヒルズに移す。これにより出展者がTIFFCOMと連携した企画開発マーケットでプレゼンテーションやミーティングの機会も設けられるようになった。

 今回発表されたコンペティションブース出展者は、事前審査によって選ばれたクリエイターが主体となっている。出展者は、株式会社ピコナ、ゾンビの安田さん、水野歌さん、株式会社ハッピープロジェクト、BONUS.CO.JP、ホネスタ、オフィス・ガナゴナ、有限会社ザリガニワークス、糸曽賢志+SUPALOVE、喜多見康CG制作研究室など63組となっている。

 ピコナ代表の吉田健さんは、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了生。ゾンビの安田さんはこれまでウサギ王などで出展している。水野さんは第4回デジタル・コミック大賞での受賞など、ハッピープロジェクトは昨年『フルーティ侍』がTCMアワードで計5賞を獲得するなどしている。特にBONUS.CO.JPは2009年のTCMアワードで『ヤンス!ガンス!(MEAT OR DIE)』がグランプリなどを受賞した。
 また、ホネスタとオフィス・ガナゴナは、東京国際アニメフェアのクリエイターズワールドにも出展歴がある。有限会社ザリガニワークスは『コレジャナイロボ』などで有名だ。糸曽賢志+SUPALOVEの糸曽さんは、動画革命東京で『コルボッコロ』を制作するなどで活躍している。
 コンテンツ・ライセンス関係のエージェント、各地域のインキュベーション・マネージャーやクリエイティブ企業および団体などの出展者やTCMアワード2011の受賞者などについては後日発表される。
【真狩祐志】

Creative Market Tokyo http://www.cmtokyo.jp/

[CMT2011 コンペティションブース出展者一覧]

アールグレイフィルム/池佑樹/MONOLOOK/ピコナ/我武者羅應援團/QUACKARTS/インフィニティー/nicolon/ととにゃん/野菜のキセキ ~東北応援プロジェクト~ピコトン/ヤシログラム/SSS/QPLUS.LLC/ピース/HOTCHOCO/水野歌/社響/トロル/MAGAスタジオ/ゾンビの安田さん/ホールマン・スタジオ/epoket/にしむら☆やえ/スタジオインデックス/FORTUNA.Inc/オオサンショウウオ的生活のススメ/田中新兵/蜜芽テモと○ぃちきゅう委員会/スタジオLTJ/アイモコジャパン/ハッピープロジェクト/ホネスタ/いしきりん/西村軍団/オフィス・ガナゴナ/徳治昭童画館/リーズフィールド/スーパーパワーズ/おちゃっぴ・シェアー/HAKUSAI WORKS/多キャラ箱/池田淳/ザリガニワークス/特定非営利活動法人クリエイティブスマイル/Eyes,JAPAN/シュガー/ほし☆みつき/かしわばらぜんさく/渡邊和己写真事務所/SunWoodサンウッド/赤川
薫/tiror/BONUS.CO.JP/Yumiko Matsuura Works/歩兵/ゆうプロジェクト/オフィスプリオン・藤塚零太郎商店/ゴッコ堂/Manga英語/糸曽賢志+SUPALOVE/PEPITO/タケヤマノリヤ/喜多見康CG制作研究室