トランスフォーマー3Dライド 12年春 米国テーマパークに

 米国の大手テーマパークであるユニバーサルスタジオ・ハリウッドは、「トランスフォーマー」をテーマにしたライド型のアトラクションを導入することを明らかにした。このアトラクションは、「トランスフォーマー・ザ・ライド-3D(Transformers: The Ride–3D)」と名づけられ、2012年春に一般公開される。
 ユニバーサルスタジオは、アトラクションについて革命的な次世代型テーマパークライドとする。ライド化にあたっては、独自の3D-HD映像を実現、フライトシュミレーションの技術や最先端の特殊効果を盛り込む。劇場映画作品と同様に、スペキュタクラな新しい体験を目指すことになりそうだ。

 「トランスフォーマー」は、大手玩具会社ハズブロが展開するキャラクター、SF作品のブランドである。可変型のロボットたちが魅力となり、世界各地で人気を呼んでいる。ユニーバーサル製作、マイケル・ベイ監督による劇場映画3部作のほか、玩具、テレビアニメーションをはじめ様々な展開を行う一大プロパティである。また、もともとのキャラクターは日本の玩具から生まれていることもあり、日本とも縁の深い。
 今回は、いよいよテーマパークのキラーコンテンツで登場となる。ユニバーサルスタジオは、テーマパークとしては米国ではディニー系に次ぐ存在である。しかし、入場者数では大きく引き離されている。大型アトラクションの導入で、この差を縮めることを狙うことになる。

ユニバーサルスタジオ・ハリウッド http://www.universalstudioshollywood.com/