GDH マルドゥックスクランブル原作利用権獲得

 GDHは、SF小説として人気の高い冲方丁氏の小説『マルドゥック・スクランブル』の原作利用権を収得し、アニメ制作のプリプロダクション(実際の制作前の企画段階)を開始したと発表した。

 『マルドゥック・スクランブル』は、冲方丁氏の代表作で2003年の日本SF大賞も受賞している。単行本は、早川書房より発売されておりこれまで全3巻で累計16万部を販売した。GDHによれば、今回、原作者である冲方丁氏は作品の脚本も手掛ける。この脚本をもとに、『ANIMATRIX』や『巌窟王』を手掛けたソエジマヤスフミ氏が監督を手掛ける。作品は2006年末にOVAとして発売される予定である。また、作品は日本だけでなく海外でも評価されるようなものを目指すとしている。
 冲方氏は、SF作家以外でも多彩な才能で知られており、コミック作品の『ピルグリム・イェーガー』の原作やゲーム企画製作も手掛けている。最近では、人気アニメの『蒼穹のファフナー』の脚本を手掛けたことで注目されている。

 今回の作品は、GONZOが得意とする3DCG(立体コンピューターグラフィックス)がふんだんに盛り込まれる見込みである。また、GONZO作品としては初の3DCGよる人物表現も行うとしている。GDHによれば、海外アニメーションでみられるようなフル3DCGとは異なる日本テーストを生かした表現を行う。GONZOによる日本テーストの3DCGがどのような表現になるのか今から楽しみである。