GyaO海外向け動画配信実験 英語・中国語でエンタメ情報

 ヤフーのグループ会社で動画配信ビジネスを行うGyaOが、海外に向けた映像配信ビジネスを目指す。GyaOは8月8日より、外国語の字幕がついた海外向け正規映像配信の実験を開始した。
 まず、試験的に動画配信を行い、正規配信映像の視聴回数や視聴者層などのデータ分析をする。配信にあたっては、英語圏向けには米国のOoyala社の映像配信プラットフォームvipo presented by Yahoo! JAPANを利用、中国向けには別の動画配信プラットフォームを活用し、英語、中国語に対応する。

 日本の映像コンテンツは海外で人気がある一方で違法投稿動画による権利侵害も多い。GyaOは、この実験を通じて海外に向けた日本の映像コンテンツの正規流通の促進を目指す。
 海外に向けた日本コンテンツの配信は、日本の権利保有者からライセンスを受けた現地企業がそれぞれ個別の動画サイトで展開するケースが多い。また、サンフランスコに拠点を置くクランチロールは、アニメで日本との同時配信を行い、日本から直接配信するのと似た機能を持つ。しかし、アニメに特化しており、また英語のみの展開だ。
 一方、日本からはニコニコ動画が、やはりアニメに特化したかたちで日本の動画配信を行う。こちらもこの春に始まったばかりだ。こうしたなかでGyaOの取り組みは、英語と中国語の2ヶ国語、さらに幅広い映像コンテンツとしている点で、海外向けの動画配信では新しい取り組みとなる。

 また、動画配信にあたっては、SNSを利用したマーケットプロモーションが行われる。インターネットの情報量の多さから、動画配信の作品やシステムがあっても、ファンに情報が行き届かないケースが国内外とも少なくない。
 そこでGyaOはSNSを利用する。英語圏向けにはFacebook内に公式ページを設けて、毎日英語で日本の最新エンタメ情報を配信している。ここを動画サイトへの入り口として活用する。
 中国語については、やはり中国最大のSNSサイトRenRen(人人網)に公式ページを設立した。こちらは中国語で日本のエンタメ情報を届ける。

GyaO -Japan Enteretainment News(英語版・公式Facebookページ)
http://www.facebook.com/gyao.global/
 
GyaO日本娯楽情報(中国語版・RenRenオフィシャルページ)
http://page.renren.com/600858457/
GyaO日本娯楽情報(中国語版・新浪微博公式アカウント)
http://weibo.com/gyaojapannews