AKB48 カンヌの国際番組見本市でパフォーマンス決定

AKB48_b 10月5日から9日までフランス・カンヌで開催される国際番組見本市MIPCOMで、日本の人気アイドルユニットAKB48がパフォーマンスを披露することが決定した。MIPCOMを運営するリード エグジビジョンが7月28日に明らかにした。
 AKB48が登場するのは、開催初日MIPCOM25周年記念を祝うオープニングパーティーである。世界中の放送局、映像製作者が集まる中で、日本で人気を集めるパフォーマンスを紹介する。今回のパフォーマンスは、国内海外向け番組配給の大手クレイによって行われる。

 また、10月6日にはAKB48のプロデューサーである秋元康氏により、AKB48の新しいビジネスモデルを紹介するコンファレンスも行なう。コンファレンスの詳細は明らかにされていないが、グローバルな枠組みを用いた新たな試みが行われる気配だ。
 AKB48はこの7月にはパリ市郊外で開催されたジャパンエキスポでライブコンサートを成功させたばかりである。今回のMIPCOMは、それに続くフランスでの展開となる。

 しかし、ジャパンエキスポはフランスの日本のポップカルチャーファンに向けたコンシュマーイベント。一方で、MIPCOMはビジネス関係者を集めた国際見本市である。
 今回は、よりビジネス的な展開を視野に入れたものと言えるだろう。AKB48が、海外のプロフェッショナルの前でどのように評価されるかが注目となる。

 MIPCOMは、毎年フランス・カンヌで開かれており、テレビ番組を中心にインターネット、モバイル、インタラクティブメディアなどのあらゆる番組コンテンツを取上げる。世界最大級の番組見本市として知られている。世界中のテレビ局、配給会社のエグゼクティブ集まる。
 番組の売買だけでなく、コンテンツのプロデュース、共同制作、出資、配給・配信など、様々なビジネスが生まれる場でもある。 また同時に開催されるMIPCOM juniorでは、子供番組のみを扱い、アニメーション作品の取引も盛んだ。
 MIPCOMには、今年も日本から東映アニメーションやNHKグループ、フジテレビ、テレビ朝日、TBS、電通、テレビ東京、講談社、日本テレビ放送網といった企業が参加する。

MIPCOM公式サイト(日本語) 
http://www.reedmidem.com/v3/Shows/Mipcom/ja/