ライセンシング・オブ・ザ・イヤー ノミネート受付開始

2010年の表彰式の様子

 2010年のラインセンスとキャラクターの日本一を決めるLicensing of the Year 2011 in JAPAN(ライセンシング・オブ・ザ・イヤー)が開催される。そのノミネート作品の受付が8月1日より始まっている。8月31日により受付けて、その後第1次選考、第2次選考を経て、グランプリを初め各賞が決定される。
 ライセンシング・オブ・ザ・イヤーは、世界有数のライセンス大国である日本の関連業界の発展を目指して2009年に創設された。今年で3回目を迎える。2009年は「ポケットモンスター」、2010年は「ONE PICE」がグランプリを獲得している。
 
 グランプリ以外には、2010年に最も活躍したキャラクターを対象とするキャラクターライセンス賞、最も活躍したブランドを対象にするブランドライセンス賞が設けられている。さらにライセンシーの活動を対象にするプロダクト・ライセンシー賞、広告・販促を対象にするプロモーション・ライセンス賞、ニューフェース賞、選定委員賞の7部門から構成される。
 キャラクター・データバンクがアワードを開催、受賞発表後は10月26日から28日まで六本木ヒルズ森タワーで開催されるコ・フェスタ オフィシャルイベントでもある「CREATIVE MARKET TOKYO 2011」で表彰式が行われる。
 
 さらに本年からグローバルな取り組みも盛り込まれた。ライセンシング・オブ・ザ・イヤーを2012年に香港で開催される「プレミア・アジア・ライセンシング賞」とリンクさせる。日本でのノミネートを行うと、同時に香港のこのアワードへもノミネートされる。国際的な舞台でもキャラクターやブランドをアピールするチャンスとなる。
 ノミネートの詳細は、公式サイトから確認出来る。

Licensing of the Year
http://www.charabiz.com/cdb/CMT2011_award/CMT2011_award.html
グランプリ/キャラクター・ライセンス賞/ブランド・ライセンス賞/プロダクト・ライセンシー賞/プロモーション・ライセンス賞/ニューフェイス賞/選定委員特別賞

表彰式 : 2011年10月27日 六本木ヒルズ森タワー
ノミネート期間: 2011年8月1日~31日まで(自薦及び他薦)
第1次選考(一般投票): 9月1日~23日
第2次選考(選考委員による最終選考): 9月26日~30語日
結果発表(Web 上):10 月初旬

選定委員
岡田忠明(クリエイティブ・コンサルタント)
品田英雄(日経BP社『日経エンタテインメント!』編集委員)
田中里沙(株式会社宣伝会議 編集室長)
森永卓郎(経済アナリスト、獨協大学経済学部教授)
陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク代表取締役社長)