TYO デジタル・フロンティアも売却か?日経が報道

3月26日付の日本経済新聞は、映像・広告制作の大手ティー・ワイ・オーが、傘下のCG制作会社デジタル・フロンティアをパチンコ・パチスロ大手のフィールズに売却する方針であると報じている。ティー・ワイ・オーが保有する同社の発行済株式およそ84%のうちおよそ74%を6億円強で譲渡するとしている。ティー・ワイ・オーの公式な発表は行われていない。

TYOアニメ延期・中止で売上下方修正 円谷株一部売却で特別利益

映像制作の大手ティー・ワイ・オーは、9月9日に平成21年7月期の業績予想の修正を発表した。売上高の予想を下方修正する一方で、営業利益、経常利益は上方修正される。さらに最終12億9000万円を予想していた連結当期純損失も、9億9000万円とする。連結売上高の予想は、303億円から294億8000万円と8億2000万円の引き下げとなる。また、営業利益は31億円から38億円、経常利益は1000万円から1億2000万円と引き上げる。