北米マンガ事情第9回 北米でオリジナル作品を発表するMANGA家たち

<comicsではない。mangaである。>、<OEL mangaというムーブメント>、<浸透と拡散>。日本産でないmanga作品は「OEL manga (Original English Language manga)」「グローバル・マンガ(global manga)」などの呼称を与えられ、個別のジャンルとして扱おうとする動きもある。

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情- 第3回「2010年 北米マンガ業界10大ニュース」

1.manga売上3年連続の大幅減少/2.スキャンレーション対策で日米マンガ出版社共同声明発表/3.出版社4社がマンガ事業から撤退、1社が参入/4.北米最大手manga出版社VIZ Mediaが社員40%を解雇

文化輸出品としてのマンガ-北米のマンガ事情-第2回「北米でmangaは何を指しているのか」

「北米でmangaは何を指しているのか」アメリカでmangaという言葉が既に一般化し、外来語として辞書に掲載されるようになってきたことは知られているが、そもそも日本で言う「マンガ」とアメリカでの「manga」は同じものを指しているのだろうか。